米テネシー州、仮想通貨保有業者を募集

仲介業者を募集

米テネシー州財務局は先週21日、暗号資産(仮想通貨)を保有する管理業者の募集を終了した。5月10日までに当選した申請企業を発表する見込みだ。

同局は現在、仮想通貨を保有していないものの、「今後仮想通貨が送付された場合の受取先」をRFP(提案依頼書)内で募集。同局の財産プログラムでは10億ドル相当の現金や有価証券を保有しており、長期的に毎月6,400万円(50万ドル)相当の仮想通貨取引を処理できる管理業者を求めていた。

テネシー州の仮想通貨動向

短期的には5月10日に当選企業が発表される予定。テネシー州では、2月上旬に州や群などの地方自治体が仮想通貨やNFT(非代替性トークン)への投資を可能にする法案を提出していた経緯がある。

関連:米テネシー州議員、仮想通貨やNFTへの投資を自治体に許可する法案を提出

なお、テネシー州西部ジャクソン市のScott Conger市長は21年4月、市の財務資産としてビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)などの保有やマイニング(採掘)を検討していることを明かした。

同様の取り組みは市区町村単位で米国各地で進んでおり、フロリダ州マイアミ市などでも検討が進んでいる。

関連:米テネシー州の市、ビットコインの財政導入を計画

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します