新たな仮想通貨投資ファンド、1300億円規模の資金調達へ

Asymmetric、1,000億円超の資金調達へ

暗号資産(仮想通貨)関連投資会社Asymmetricは、約1,300億円(10億ドル)を目標とした資金調達を行うことが分かった。The Blockが報道した。

Asymmetricは、Web3.0分野の起業家Joe McCann氏が今年立ち上げたファンド。McCann氏は、Asymmetricは仮想通貨分野の技術的な側面を重視していく姿勢を示し「ファンドの権限を持つテクノロジー企業」だと述べている。

McCann氏は、仮想通貨やテクノロジー部門で起業などを行ってきた経歴を持つ。JavaScript実行環境Node.jsの導入をサポートするNodeSourceの創設者であり、Microsoftで起業戦略やAI部門などに従事したこともある。高速ブロックチェーンソラナ(SOL)の開発者ツールでも貢献してきた。

Asymmetricには、投資管理会社Brevan Howardの元ポートフォリオマネージャーであるChris Cecere氏や、ゴールドマンサックスで勤務していたことのあるBouchra Darwazah氏などチームメンバーとして参加する。

Web3.0とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

米Circle社ファンドなどが出資

Asymmetricには、a16zの創設者Marc Andreessen氏や、ソラナの共同創設者Anatoly Yakovenko氏、CMSのDan Matuszewski氏、仮想通貨取引所コインべースで社長を務めていたこともあるAsiff Hirji氏などが投資する。

また、米ドルステーブルコイン「USDC」を発行するCircle社のファンド「Circle Ventures」も出資する。

McCann氏は、Circle社のJeremy Allaire CEOや、同社チームがAsymmetricをサポートしてくれることが大変心強いとツイートした。

2つの投資部門

Assymetricは、ベンチャー投資ファンドとリキッド(流動性)ファンドの2つの部門に分かれる予定だ。前者は、大手仮想通貨投資ファンドParadigmなどと競合することになる。

Paradigmは、コインベースやBlockFi、チェイナリシス始め、様々な仮想通貨関連企業に投資を行ってきたファンドだ。21年11月には、総額2,800億円規模の投資ファンドを発表しており、「次世代の仮想通貨企業およびプロトコルに投資していく」としている。

関連業界最大規模、仮想通貨VCのParadigmが2,800億円ファンドを発表

リキッドファンドは、仮想通貨投資商品などの運用を行うファンドで、McCann氏は、米ウォール街で使われてきた手法を採用すると説明。例えば、イーサリアム(ETH)など、特定の仮想通貨銘柄が過小評価されているとみなす場合、ただ店頭取引などでそれを購入するのではなく、コールオプションなどの形での投資も行なっていく見込みだ。

コールオプションとは

ある商品を、その時々の市場価格とは無関係に、事前に決められた価格で買うことのできる権利のこと。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します