米資産管理企業VanEck、会員証NFTをローンチ

資産運用企業初のNFT

米資産管理企業VanEck社は2日、独自のNFTコレクションをローンチした。資産運用企業初のNFT発行事例だ。

関連大企業も注目する「NFT」の仕組みと可能性

「VanEck Community NFT」というコレクションは1,000枚限定のNFTで、VanEckのデジタル資産リサーチや実社会およびバーチャルイベント参加権への早期アクセスが付与される。VanEckはこのNFTを通して投資家コミュニティを立ち上げようとしている。

NFTのデザインについては全てユニークな特徴や希少度が設けられる。5月2日にNFTがエアドロップ(無料配布)の形で付与され、今月末にそれぞれユニークなアバターに変化する予定だ。

VanEckは米国拠点の資産管理企業で、ゴールドなどの伝統資産のほか、さまざまな仮想通貨銘柄のETN(指標連動証券)や仮想通貨関連のETF(上場投資信託)を欧米で提供している。直近では、4月上旬にアルゴランド(ALGO)、テラ(LUNA)、FTXトークン(FTT)、アバランチ(AVAX)ポリゴン(MATIC)の5銘柄のETNをドイツの株式電子取引所「クセトラ(Xetra)」に上場させた。

関連米VanEck、LUNAやFTTのETNをドイツでローンチ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します