ドバイ仮想通貨規制当局、ザ・サンドボックスにバーチャル本部を開設へ

規制当局のメタバース初参入

ドバイの暗号資産(仮想通貨)規制当局(VARA)は3日、メタバース系NFTゲーム「ザ・サンドボックス(SAND)」にバーチャル本部を開設する計画を発表した。規制当局によるメタバースの初参入事例になる。

関連メタバース系NFTゲーム「ザ・サンドボックス」、500億円超を資金調達か=報道

VARAはザ・サンドボックス上でランド(仮想土地)を購入し本部を設立する予定だが、ランドの位置についてはまだ明らかではないようだ。

VARAはMetaHQ(バーチャル本部)の役割に関して、「世界中の仮想資産サービスプロバイダー(VSAP)がドバイの事業者ライセンスを申請、新興企業がメタバースに参入できるようにし、消費者や他の規制当局と知識や経験をオープンに共有して認識を高め、安全に導入し、グローバルな相互運用を推進するための主要な窓口として機能する」と発表で述べている。

関連香港の大手鉄道MTR、「ザ・サンドボックス」への参入を発表

VARAはドバイ政府が3月にローンチした仮想通貨・ブロックチェーン業界を規制する政府機関「Dubai Virtual Asset Regulatory Authority」で、ドバイ世界貿易センター(DWTC)の関連機関としてアラブ首長国連邦(UAE)で運営する仮想通貨サービスプロバイダーのライセンス発行やコンプライアンス体制監督などを担当している。

関連FTXとバイナンス、アラブ首長国連邦のドバイで仮想通貨ライセンス取得

VARAによる仮想通貨業界の友好的制度に惹かれてドバイへ移転・拡大する関連企業が増えつつある。バイナンスやFTXのほか、大手取引所Bybitやシンガポールの大手仮想通貨ヘッジファンドThree Arrows Capitalもドバイに移転することを相次いで発表していた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します