メタバース系NFTゲーム「ザ・サンドボックス」、500億円超を資金調達か=報道

新たな資金調達を実施か

メタバース系NFTゲーム「ザ・サンドボックス(SAND)」は、約510億円(4億ドル)の資金調達を検討していることが分かった。情報筋の話として「ブルームバーグ」が報じた。

企業評価額は約5,100億円(40億ドル)超になる見通しで、現在は既存の投資家や新たな投資家と話し合いをしている段階だという。金額や調達した資金の用途も含めて公式発表はまだ確認できないが、ザ・サンドボックスのSebastien Borget共同創業者は今月、「今後は雇用や買収に注力していきたい」と記者会見で話したと報じられている。

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。

▶️仮想通貨用語集

関連次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

ザ・サンドボックスについては昨年11月、ソフトバンクグループのVision Fund 2が主導し、約100億円(9,300万ドル)の資金を調達したことが分かった。その際は調達した資金について「クリエイターエコノミーの拡大、およびファッションや建築、バーチャルコンサートなどの仮想領域に充てていく」としていた。

関連ソフトバンク、メタバースNFTゲーム「The Sandbox」で100億円規模の資金調達主導か

なお、今回のブルームバーグの情報筋は、マーケットの状況や投資家の需要に応じて、調達額や企業評価額は変わる可能性があると述べている。

関連メタバース系NFTゲーム「The Sandbox(SAND)」とは|主な特徴と将来性を解説

ザ・サンドボックスの動向

ザ・サンドボックスでは、ユーザーはLAND(ランド)と呼ばれる仮想土地を所有することが可能。LAND上でオリジナルゲームを作ったり、施設を建設したりすることもできる。暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のブロックチェーンを基盤にしており、ゲーム内の資産やゲーム体験を収益化でき、最近ではSHIBUYA109エンタテイメントや英メガバンクのHSBCなど、大手企業がザ・サンドボックスを利用し始めている。

関連SHIBUYA109 LAND、ザ・サンドボックスで販売予定

関連世界最大級のメガバンク英HSBC、メタバース系NFTゲーム「ザ・サンドボックス」参入へ

また、今月7日には資産運用企業21Sharesが、ネイティブトークンであるSANDの上場取引型金融商品(ETP)が上場したことを発表。上場先はパリおよびアムステルダムの証券取引所Euronext(ユーロネクスト)である。

関連資産運用企業21Shares、ザ・サンドボックス(SAND)のETPをローンチ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します