世界最大級のメガバンク英HSBC、メタバース系NFTゲーム「ザ・サンドボックス」参入へ

英メガバンクが参入

NFTゲームプロジェクト「ザ・サンドボックス(SAND)」は16日、英大手銀行HSBCとの提携を発表した。同銀行は、グローバル金融サービスプロバイダーとしては初めて「ザ・サンドボックス」に参入する。

「ザ・サンドボックス」は、全世界で4,000万ダウンロードを突破する人気ブロックチェーンゲーム。メタバース(仮想空間)を舞台にゲーム内アイテムをNFT(非代替性トークン)として制作・売買することなどで、独自の経済圏を提供する「ゲームメイキングプラットフォーム」だ。

関連:スクエニ、「ザ・サンドボックス」と提携

HSBCは今後、同ゲームの仮想土地(LAND)を取得し、スポーツやゲーム分野での活用を目指して開発を行う。

また「ザ・サンドボックス」は同日16日、公式Twitterでゲーム上に「スポーツゾーン(Sports Zone)」を展開することを発表している。現時点では詳細は不明だが、(HSBCが参入する)スポーツやゲーム分野に関連する「ゾーン」になると告知されている。

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使い、様々な楽しみ方ができる。

▶️仮想通貨用語集

「ザ・サンドボックス」との提携について、HSBCのSuresh Balajiアジア太平洋地域チーフ・マーケティング・オフィサーは、以下のようにコメントした。

メタバースは、拡張現実、仮想現実、拡張現実などの技術を使って、人々が次世代のインターネットであるWeb3を体験する方法だ。

HSBCは、新たなプラットフォームを通じて新しい体験を創造し、現在および将来の顧客、そして私たちが奉仕するコミュニティに対して、機会に満ちた世界を提供するための大きな可能性を見出している

The Sandboxとのパートナーシップにより、HSBCはメタバースに進出し、新規および既存の顧客のために、革新的なブランド体験を創造する機会を得る。我々はスポーツパートナー、ブランドアンバサダー、アニモカブランズと協力して、教育的かつ包括的でアクセスしやすい体験を共同で創造できることに興奮している。

懐疑的なスタンス転換か

今回の動きは、HSBCの暗号資産(仮想通貨)に対するスタンスが変化した可能性を示唆している。

同銀行は、以前まで仮想通貨への投資に懐疑的とも取れるスタンスを維持してきた。

21年3月末には、ビットコインの大量保有で知られるマイクロストラテジー社の株式購入を禁止。同年5月には、Noel Quinn CEOがトレーディングデスクや投資商品を提供する計画がないことを明言していた。

一方、ブロックチェーン技術自体は評価しており、過去にはデジタル社債の試験や、中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテストなどにも参加している。

関連:大手銀HSBCのCEO「仮想通貨事業に参入する計画はない」

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します