スクエニ、「ザ・サンドボックス」と提携

「Dungeon Siege」をザ・サンドボックスに

国内大手ゲームメーカーの株式会社スクウェア・エニックス(以下、スクエニ)は1日、ブロックチェーン・NFTゲーム「ザ・サンドボックス(SAND)」と提携し、ゲームIP(知的財産権)をメタバースに導入することを発表した。

スクエニはすでにザ・サンドボックスでランド(仮想土地)を購入。これからはRPGゲーム「Dungeon Siege(ダンジョン シージ)」のインタラクティブな体験をランドを通して展開していく。また、ザ・サンドボックスに対応したダンジョン シージのキャラクターやアセットを作り、ユーザーに提供する予定だという。

「ダンジョン シージ」は2002年〜2011年の間発売されたゲームで、これまで170万部の売り上げを記録した。

今回はスクエニが初めてザ・サンドボックスのメタバースに参入する事例になるが、2020年3月にザ・サンドボックスの開発を手がけるアニモカブランズ(Animoca Brands)の2.3億円の資金調達ラウンドを主導した経緯がある。

スクエニの松田洋祐社長は今年の年頭所感で、ブロックチェーンゲームなど「分散型ゲーム」も、同社のポートフォリオに取り込んでいきたいと述べた。ザ・サンドボックスへの参入でブロックチェーンゲーム・メタバース事業を本格的に進めることになるようだ。

関連スクウェア・エニックス、ブロックチェーンゲーム事業本格化へ

ザ・サンドボックスの提携事例

今週、日本企業がザ・サンドボックスと提携することが相次いで発表されていた。28日に、エイベックス・テクノロジーズ株式会社はザ・サンドボックス内で「エイベックスランド(仮称)」という独自の空間を設立する予定を発表。また、株式会社SHIBUYA109エンタテイメントは1日、同ゲーム上に「SHIBUYA109 LAND」を開設することを明らかにした事例もある。

関連SHIBUYA109、「ザ・サンドボックス」に「SHIBUYA109 LAND」開設を発表

また、先月末にはザ・サンドボックスは「アルファ版シーズン2(ALPHA SEASON 2)」の予定を発表。アルファ版シーズン2は3月3日(日本時間24時)に開始する予定となる。

関連ザ・サンドボックス、「アルファ版シーズン2」予定を発表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します