SHIBUYA109、「ザ・サンドボックス」に「SHIBUYA109 LAND」開設を発表

SHIBUYA109もメタバース領域に本格参入か

株式会社SHIBUYA109エンタテイメントは1日、ブロックチェーンのメタバース「ザ・サンドボックス(SAND)」上に「SHIBUYA109 LAND」を開設することを発表。NFT(非代替性トークン)・メタバース(仮想空間)事業に本格参入する模様だ。

関連:メタバース系NFTゲーム「The Sandbox(SAND)」とは|主な特徴と将来性を解説

SHIBUYA109は、本社を東京都渋谷区に置く、最先端の流行発信や文化創造を続ける会社で、若年層に強く支持されている。

今回、ザ・サンドボックスを展開するBACASABLE GLOBAL LIMITED(香港)と業務提携をすることで、専用土地の開設を実現。今後、オリジナルNFT販売やNFTが手に入るミニゲーム、メタバース上での広告事業など、様々な事業展開をする予定だ。

また、同社は、今回の発表内容に関して、NFT・メタバースを活用した「期待を超える次世代の顧客体験」を提供する目的があると説明。強みである「リアルの商業施設や広告事業との連携」も見据えており、若者が「NFT」を身近に感じるきっかけを提供していく模様だ。

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

SHIBUYA109を始めとする商業施設は、新型コロナウイルス蔓延の影響を大きく受けている現状があり、今回の事業拡大に際して、以下のような想いを綴っている。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う渡航制限等により、外国人観光客の来日は引き続き難しく、先が見えない状況です。また国内のお客様についても、徐々に渋谷への流入は回復してきているものの、新型コロナウイルス感染拡大前の水準には依然として至っておりません。そのような環境下において、メタバース上にSHIBUYA109渋谷店を含む渋谷の街を作り上げることで、世界中から多くのお客様に訪れてもらい、メタバースだからこそできる新たな顧客体験を楽しんでもらいたいと思っています。

関係者コメント

今回の「SHIBUYA109 LAND」開設に関して、両社がコメントを残している。

The Sandbox COO兼共同創業者プロジェクトマネージャーのセバスチャン・ボルジェ氏は、以下のようにコメント寄せた。

SHIBUYA109は、日本を代表するブランドであり、日本で最も認知度の高い観光地のホストとして、『The Sandbox』に迎え入れました。「SHIBUYA109 LAND」は、現実世界と同様にメタバースにおいても文化の震源地となるべく、彼らのチームと共に、ライフスタイル、音楽、ファッション、社交がマッチする象徴的な場所として、メタバース内のすべての人が、有名な場所と日本の文化にグローバルにアクセスできるようにすることを目指します。

関連:エイベックス・テクノロジーズ、「ザ・サンドボックス」に参入

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します