香港の大手鉄道MTR、「ザ・サンドボックス」への参入を発表

電車特化の空間を構築

香港の鉄道事業を独占的に手掛ける、香港鉄路有限公司(MTR)は21日、メタバース(仮想現実)系NFTゲーム「ザ・サンドボックス(SAND)」に参入することを発表した。

MTRは1975年に設立。同名の地下鉄の運営を行っているほか、不動産やバス路線の運営なども実施している。

今後は「ザ・サンドボックスというメタバースに参加する最初のグローバルな交通事業者」として、鉄道に特化した仮想空間を構築し、顧客体験を新しい分野に発展させていく計画であるという。

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使い、様々な楽しみ方ができる。

▶️仮想通貨用語集

STEM教育促進も検討

MTRは、「ザ・サンドボックス」上で仮想土地の「LAND」を取得し、バーチャルステーションを作ることを計画している。電車に乗るだけでなく、「想像力を膨らませながら」MTRでの旅を楽しむことができる場所になる予定だ。

バーチャルステーションは、「ザ・サンドボックス」と戦略的パートナーのCollectivと協業する形で制作されるとMTRは説明。コンテンツとして、鉄道博物館を実装することを示唆した。バーチャル空間を利用したSTEM教育の促進なども検討されているという。

HSBCも参入

ザ・サンドボックスでは、LAND上でオリジナルゲームを作ったり、施設を建設したりすることが可能だ。

本作は、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のブロックチェーンを基盤にしており、ゲーム内の資産やゲーム体験を収益化可能。最近ではSHIBUYA109エンタテイメントや英メガバンクのHSBCなど、大手企業がザ・サンドボックスを利用し始めている。

関連:メタバース系NFTゲーム「ザ・サンドボックス」、500億円超を資金調達か=報道

また先日には、約510億円(4億ドル)の資金調達を検討していることが、米メディア「ブルームバーグ」によって報じられた。

関連「Web3.0を岸田内閣の成長戦略へ」 自民党議員、首相官邸を訪問

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します