CoinPostで今最も読まれています

マイクロソフトが企業のブロックチェーン採用に革命をもたらすか?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マイクロソフトの新システム「Coco Framework」
マイクロソフトがブロックチェーンを企業に採用しやすくするための新たなシステムCoco Frameworkを発表しました。
ブロックチェーンの欠点を補う
既存のブロックチェーン技術の欠点を補ったうえで企業の採用を促します。
大手企業からも注目を集めている
すでに大手企業とのサポートが決定しており、期待感が伺えます。

ブロックチェーンはデジタルトランスフォーメーションにより企業が業者や消費者、いろいろなパートナー間に新たな変化をもたらす可能性を秘めた革命的な技術です。

ますます多くの企業がブロックチェーンに投資をし、それは資産の所有者の割当に透明性を与えやビジネスプロセスの共有、更には新しいビジネスモデルの開発や他の企業とのコラボレーションを可能にします。

マイクロソフト社はブロックチェーンの採用を決定し、それに伴い消費者やパートナーそしてブロックチェーンコミュニティとともに未来の企業のあり方への準備に目を向けて話し合いを進めています。

弊社の使命は、スタートアップから小売業者、保健医療供給者、グローバル銀行まであらゆる企業がビジネスプロセスの共有の仕方を革新的によりよいものにするために利用できる、自由度が高くより大きなプラットフォームとサービスを提供することにあります。

企業がブロックチェーン技術を採用しビジネスニーズを満たそうとする中、既に存在する多くのブロックチェーンは企業が必要とする最低限の性能、秘密性、管理体制、そして処理能力がまだ完全には備わっていないことが懸念点であることがわかりました。

なぜならブロックチェーンが元々のシステムが匿名で信頼性のない不透明なものに最大の透明性を与える形で設計されたものであるからでしょう。

これにより取引履歴は全ての利用者に公開された上でネットワーク内の全ノードの取引が行われるため、誰もが認められるアルゴリズムを採用する必要があることは明確です。

このような既存のブロックチェーンの性質を利用するためには主要企業がスケーラビリティや機密を代償にしなければなりません。

既存するブロックチェーンプロトコルを適合させるにしろ、ニーズに合わせた全く新しいプロトコルを作り出すにしろ、企業はなんらかの犠牲をしなければならないのです。

秘密性を改善するためにはより複雑になり、処理能力自体の低下という問題を引き起こすこともこのような問題の一つです。

企業のブロックチェーン採用を促進化

本日、私(著者:マイクロソフトAzure CTO マーク・ルシノビッチ氏)はCoco Framework(ハイスケールかつ企業がブロックチェーンネットワーク内で要する必要条件全てを満たしたオープンソースシステム)を発表できることを光栄に思います。

これにより企業がブロックチェーンのシステムを採用することを促進させることは明白でしょう。

Cocoはノードとアクターの明確にして管理した上で機密性を持たせることでこれらの企業の必要としている部分を補います。

要するにCocoは既存のブッロクチェーンの利点であるセキュリティと普遍性を犠牲にせず、企業が必要とするスケーラビリティや分散管理また機密性の部分の強化を可能にし多くのニーズに答えます。

現存するブロックチェーンプロトコルやIntel SGXおよびWindows Virtual Secure Mode (VSM)を利用し、Cocoはブロックチェーンネットワーク内で以下の点を企業に提供します。

  • 処理容量と待ち時間の改善
  • より豊富で柔軟性のあるビジネス特有の機密性モデル
  • 分散管理によるネットワーク上のセキュリティの向上
  • 非決定的な取引をサポート

Cocoはこれらの性能によって、既存のブロックチェーンプロトコルを統合させ企業対応のレッジャーソリューションを提供し、ブロックチェーンビジネスを強化する信頼性の高い基盤を提供します。

弊社はすでにCocoが活躍できるであろう小売、供給チェーン、金融などの多数の業界での調査を開始しています。

『Coco frameworkによって現存の供給チェーン‘Dapp code’をより円滑に機能できるようになることは企業の業績向上や、小売りのお得意先にブロックチェーンの導入の話を持ち出すとき円滑に話をすることにつながり対応性の向上にもつながります。

代償を伴わずデータの機密性を高めることができるのは、私たちが想定している技術変化をより早くより的確に採用できることを意味します』そう述べる、Mojix社グローバルリテールビジネス開発部副社長 トム・ラチェッテェ氏。

顧客がの貿易や金融ソリューションを設計したいときやブロックチェーンを使用してセキュリティを確保したいとき、またEnterprise Smart Contractを活用してオフィスの効率向上を目指すときなどの全ての条件にCocoは活用できます。

マイクロソフトは、ブロックチェーン上に構築されている幅広いアプリケーションに対してAzureシステムを提供し、社内と公共部分の一貫性を大きなスケールで提供する唯一のクラウドソリューションです。

An open approach

設計上、Cocoは一般化されておりどのブロックチェーンプロトコルにも対応します。マイクロソフトはすでにCocoをイーサリアムに組み入れており、J.P. Morgan Chase、Intel、R3がエンタープライズ・レッジャーであるQuorum、Hyperledger Sawtooth、Cordaと提携すると公表しました。

これは始まりにすぎず、弊社は更なる企業との統合を模索しています。

『マイクロソフト社のCoco Frameworkは高い拡張性と機密性を意味し、ブロックチェーンシステムの新たな土俵で重要な役割となるイーサリアムや他のブロックチェーンネットワークを促進させるでしょう』とConsenSys創業者ジョセフ・ルビン氏は述べる。

私はCocoが活躍できるのはブロックチェーンイノベーションを促す多様性に溢れたオープンソースコミュニティだけだと信じています。CocoはAzureとMicrosoft Reearchの共同で開発されましたが、すでに無数の消費者やパートナーによる支持を得ています。

Cocoを一般公開することにより私たちが当初想像した以上の開発ができたため、ソースコードを2018年初旬にコミュニティに公開する予定です。

Cocoは設計上どのレッジャーのプロトコルにも対応しTEEをサポートするオペレーティングシステムやクラウドで動作することができます。

コミュニティがCocoを組み入れられるように更なる柔軟性を追求し、私たちが想像したこともないような事業をハードウェアを利用した上で可能にすることを目標としています。

ブロックチェーンが企業の信頼を得るにはまだ時間が必要ですが、ブロックチェーンの熱狂的支持者は増加傾向にあり、私たちは開発のスピードと多くのコミュニティと協力した上で企業が採用できるように尽力します。

考察

革新的な技術と言われ注目を浴び続けるブロックチェーン技術。注目を浴びて利用者が増えるにつれて問題が浮き彫りになっている現状もあり、まだまだ企業が採用するには欠点も見受けられます。

このブロックチェーンの利点を残しながら欠点を補う、企業がブロックチェーンを導入するシステムとしてマイクロソフトがCoco-Frameworkを発表しました。

これにより一般のブロックチェーン導入が広がるにつれて暗号通貨全体の盛り上がりをみせることは間違い無いでしょう。

一般向けの公開も2018年初旬に発表ということでこれからの業界全体の加速にも注目できるでしょう。

Announcing the Coco Framework for enterprise blockchain networks

2017年8月10日

原文はこちらから
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況
18:11
バイナンス、アルトコイン5銘柄(通貨ペア)を6月14日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン5銘柄(5つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月14日 UTC3:00(日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
16:40
WebX2024、最大55%OFFの超早割チケット販売終了まであと2日
国内最大手暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostが企画・運営するWeb3カンファレンス「WebX2024」。超早期割のセール期限まであと2日。
16:09
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を開始へ キャプ翼NFTなど発売
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を2024年6月18日に開始。第一弾は『Captain Tsubasa Team Collection』など3つのコレクションを発売予定。NFT初心者も安心のインターフェース採用。
13:55
EUイノベーションハブ報告書、匿名銘柄や仮想通貨ミキサーで犯罪捜査が困難に
欧州連合域内安全保障イノベーションハブは、初の暗号化レポートを公開。暗仮想通貨に関するセクションでは、犯罪収益のマネロンに仮想通貨が広く使用されていると指摘し、ゼロ知識証明とレイヤー2ソリューションが普及すると、資金の追跡がより困難になると懸念を表明した。
13:20
韓国ビッサム、仮想通貨「ICP」新規上場予定
リスティングの対象仮想通貨銘柄は、DFINITYの「ICP(インターネット・コンピューター)」で、韓国ウォンとの通貨ペアで韓国時間12日17時より提供を始める。
13:05
リップル社、スタンダード・カストディの買収完了 米ドルステーブルコイン発行へ
米リップル社は、スタンダード・カストディの買収を完了したと発表した。今年後半に米ドル建てステーブルコインの発行を目指す。
12:10
ビットコイン66000ドルまで続落、CPIとFOMCを間近に控えリスク回避売り先行か
暗号資産(仮想通貨)相場では、重要指標のCPIとFOMC及びパウエル議長記者会見を控える中、ビットコインは66000ドルまで続落した。リスク回避売りが先行しており、アルト相場からの資金抜けが目立つ。
11:20
トランプ氏、ビットコインマイニングの支持を表明 企業CEOらと面会
共和党の有力大統領候補であるドナルド・トランプ氏は12日、仮想通貨ビットコイン採掘の支持を表明し、首都DCでビットコインマガジンのDavid Bailey CEOや米上場のマイニング大手のCEOらと会談。
10:45
ポリゴン、970億円規模の助成金プログラム開始
仮想通貨ポリゴンの開発者を支援するため、Polygon Labsは970億円規模の助成金プログラムを発表。プログラムの概要や特化する領域を説明している。
09:45
「ビットコインは大幅に過小評価」米著名投資家ビル・ミラー氏見解
米国の著名投資家ビル・ミラー氏は、仮想通貨ビットコインは依然として大幅に過小評価されているとの見解を発表した。
08:45
ステーブルコイン発行企業テザー、今後1年間10億ドル超の投資見通し
同社はすでにステーブルコインの発行で保有している米国債から巨額の利益を出しており、24年1Q(1月から3月)では約14兆円の米国債保有だった。
07:45
カナダ上場企業DeFi Technologies、ビットコイン財務戦略採用 
東証上場のメタプラネットは11日新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを報告した。合計141 BTCの保有数となった。
07:10
「仮想通貨投資家はFOMCに注目を」レポート
仮想通貨相場における米FOMCの重要性などを記載したレポートをK33リサーチが公開。ビットコインやイーサリアムの相場に言及している。
06:30
バイナンスラボ、Zircuit(ザーキット)に出資
Zircuitネットワークは現在35億ドル以上のステーク資産をホストしており、「Build to Earn」プログラムには1,100件以上の申し込みがあった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア