米上場マイニング企業Riot、過去最高の四半期収益を記録

Riot、2022年第1四半期の業績報告

米ナスダックに上場する暗号資産(仮想通貨)マイニング企業Riot Blockchain(以下、Riot)は10日、2022年第1四半期(1-3月)の業績報告を行った。

四半期の総収益は、アナリストの事前予想である約110億円(8,370万ドル)は下回っていたものの、過去最高の約104億円(7,980万ドル)を記録。これは前年同期比で244%増である。

このうち、マイニングによる収益も過去最高であり、2021年同期から150%増加して約76億円(5,790万ドル)だった。

また純利益は、2021年同期の約9.8億円(750万ドル)に対し、約46億円(3,560万ドル)と大幅に増加。2021年同期に採掘したビットコインは91BTCだったが、今年は186%増加して、過去最高の1,405BTCを達成した格好だ。

Riotのジェイソン・レスCEOは次のようにコメントした。

当社は、第1四半期に純利益、収益、ハッシュレート、採掘されたビットコイン量において、記録的なレベルを達成し、前進し続けている。

所有、運営、製造という垂直統合された事業戦略は、当社の成長を加速させるとともに、依然として存在するグローバルなサプライチェーンの問題から当社を保護するのに役立っている。

また、今後もハッシュレートを向上させ、開発能力を高めて業界をリードしていきたいと続けた。

ハッシュレートとは

マイニングの採掘速度のこと。日本語では「採掘速度」と表現される。単位は「hash/s」。「s」は「second=秒」で、「1秒間に何回計算ができるか」を表す。マイニング機器の処理能力を表す際や仮想通貨のマイニングがどれくらいのスピードで行われるかを示す指標として用いる

▶️仮想通貨用語集

テキサス州で施設を拡張中

Riotは、米テキサス州で、ビットコインのマイニングとホスティングを行う1ギガワット(1,000メガワット)規模の施設を開発する計画を進めているところだ。

2022年から2024年の第1四半期にわたって、送電線や建物の建設などの費用を投資していく。拡張工事が完了した暁には、Riotの電力容量は合計1.7ギガワットとなり、世界最大のビットコインマイニング事業者の一つになる見込みである。

この施設の建設は2022年第2四半期に開始され、ビットコインのマイニングは2023年7月から始められる予定。自社マイニングに加え、他社のためにマイニング機器をホストすることも行う。

関連米マイニング企業Riot、4月にビットコイン売却で約13億円の収益

また、Riotは21年、データセンター企業Whinstoneとの間で、テキサス州のマイニング施設を買収する契約を結んでいた。この施設には、今年の3月31日以降、すでにS19J Pro Antminerを約3,456個配備し、4月30日時点でハッシュレート能力を4.7EH/sに増やしているという。

また、このWhinstoneの施設では400メガワットの拡張工事も進められており、新しい建物とその主要インフラは今年の第2四半期に完成する予定としている。

将来のハッシュレート見積もり

今回の発表によると、2023年1月までに、約12万150個のAntminer ASICを完全に展開した場合、Riotの自社マイニングによるハッシュレートの合計能力は約12.8EH/s(エクサハッシュ/秒)になることが見込まれるという。なお、エクサハッシュは1秒間に100京回の計算能力のことだ。

自社マイニング用のマイニングマシンについて約97%は、ビットメイン社の最新世代マシンS19シリーズで構成される予定だとしている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します