米FTX、ニューヨーク州で営業ライセンスを申請 シカゴに新本社設立も

ニューヨーク州で営業ライセンスを申請

大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXの米国部門FTX USは11日、ニューヨーク州での営業許可を得るため、同州当局にライセンス申請したことを発表した。そのため新たに法的遵守責任者も雇用している。

ニューヨーク州金融サービス局から信託認可(trust charter)を受けると、FTX USは、同州でも仮想通貨取引やカストディサービスを顧客に提供できるようになる。

カストディとは

投資家の代わりに資産を保有・管理することを指す。資産の保管や売買に係る決済、また元利金・配当金の受領や議決権行使など、幅広い業務を代行するサービスを指す。カストディを行う企業を「カストディアン」と呼ぶ。

▶️仮想通貨用語集

ニューヨーク州でのライセンス申請手続きには、1年ほどかかることが予想されているが、取得完了する頃には、FTXは米国50州すべてで事業を展開できるようになっている見込みだ。

ニューヨークで事業を行うためには、企業はコンプライアンス(法的遵守)最高責任者を任命しなければならない。

そこでFTX USは、金融大手フィデリティ系列のデジタル資産企業フィデリティデジタルアセッツで、法的遵守を担当していたMarissa MacDonald氏を最高コンプライアンス責任者として迎えた。

MacDonald氏は、「私達は、つい最近申請書を提出し、ニューヨーク金融サービス局のスタッフと生産的な対話を行っているところだ」と話している。

シカゴに新本社設立、金融包摂プログラムを開始

FTX USは10日、シカゴに新たな本社を開設したことも発表した。また、地元住民を支援する金融包摂プログラムも開始する。

このパイロットプログラムは、FTX USが、シカゴ市長および、NPO「Equity and Transformation(平等と変革)」のシカゴ支部と提携して行うものだ。

シカゴの銀行口座を持たないコミュニティから100人を選び、毎月約65,000円(500ドル)の副収入、金融リテラシー教育、手数料無料の銀行口座やデビットカードなどの特典を提供していく。これにより、資産形成を促していく形だ。

FTX USのBrett Harrison社長は、次のようにコメントした。

FTXとFTX財団は、所属するコミュニティへの長期投資を行い、仮想通貨やFTXの持つ金融テクノロジーを、これまでサービスを受けられなかった人々が公平な金融アクセスを得られるような方法を提供したい。

FTX USの公式発表によると、米国ではアフリカ系アメリカ人世帯の半数が銀行口座を持たない、あるいは十分に利用できない状態であり、約4.9兆円(376億ドル)の代替金融サービス産業が発生しているという。そうした中、仮想通貨セクターには、金融包摂を実現する可能性が期待されている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します