eコマース大手Shopify、Crypto.comの仮想通貨決済サービスを導入

新たな仮想通貨決済サービスを導入

暗号資産(仮想通貨)企業Crypto.comは17日、eコマース大手Shopifyが、決済サービス「Crypto.com Pay」に対応したことを発表した。

これでShopifyに出店する全ての小売店が、Crypto.com Payを介した仮想通貨決済を導入できるようになった。Shopifyの店舗が仮想通貨決済を利用できるようになるのは今回が初めてではないが、Crypto.comは5,000万ユーザーに仮想通貨サービスを提供する大手企業。今回の対応で、Shopifyの小売店がリーチできる消費者の幅が広がる。

関連初心者でもわかる仮想通貨企業Crypto.com(クリプトドットコム)とは

Shopifyとは

eコマースサイトの開発・運営を支援するサービスを提供している企業。eコマース市場が変革する中で注目度を高めており、「アマゾンキラー」とも呼ばれている。

▶️仮想通貨用語集

Crypto.comは2018年にCrypto.com Payをローンチした。対応銘柄はクリプトドットコムチェーン(CRO)、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、ドージコイン(DOGE)、エイプコイン(APE)など30超。現在はTIME誌や旅行会社「Travala.com」、ウォレットサービス企業LedgerなどがCrypto.com Payを導入している。

Shopifyはこれまでも仮想通貨やブロックチェーンといったWeb3.0(分散型ウェブ)の技術を積極的に取り入れてきた。昨年12月にはNFT(非代替性トークン)の電子市場をローンチしている。

関連EC大手Shopify、NFT電子市場をローンチ

また、先月にはStrikeの仮想通貨決済サービスに対応。Shopifyの小売店が、ライトニングネットワークを活用したビットコイン決済を導入できるようになった。

関連eコマース大手Shopify、Strikeのビットコイン決済導入へ ライトニングネットワークで処理を高速化

Shopifyの小売店にはすでに仮想通貨決済の選択肢はあるが、Crypto.comは6月30日までにサービスの利用登録を完了した小売店に対し、本来であれば0.5%かかる決済手数料を1カ月無料にすることなどの優遇措置を講じて、企業を呼び込む。

今回の発表に際し、Shopifyのブロックチェーンエコシステム部門のトップJohn S. Lee氏は、以下のようにコメントを寄せた。

 

速くて便利な決済方法を小売店が導入できるようにするため、Crypto.comのサービスを歓迎したい。

 

我々のブロックチェーンエコシステムが成長していることは、新しい決済方法の導入で小売店をサポートしたいという当社の取り組みを反映している。これからも商業活動の可能性を広げていきたい。

また、Crypto.comの共同創設者であるKris Marszalek最高経営責任者(CEO)は以下のようにコメントしている。

 

より多くの顧客や小売店に、仮想通貨を利用した商取引に従事してもらうえるようにすることは、当社の優先事項だ。

 

Shopifyの対応を非常に嬉しく思うとともに、これからも今回のような機能を世界の顧客や小売店に提供していきたい。

仮想通貨決済の導入事例

仮想通貨を決済に導入する事例は、現在も増加傾向にある。

最近では5月、高級ブランドのGucci(グッチ)が、ビットコインやイーサリアムなど10種類以上の仮想通貨決済に対応することを発表。開始時期は5月末頃を予定しており、まずはニューヨーク・ロサンゼルス・マイアミ・アトランタ・ラスベガスの計5店舗で導入を開始して、今年の夏までには北米の全店舗で対応していく見込みだとした。

関連グッチ、仮想通貨決済を米国の一部店舗で導入へ

eコマースについては今月、SBI Africa株式会社が、越境ECサイト「SBI Motor Japan」が仮想通貨決済に対応したことを発表。ビットコインとXRPをサポートし、グループ企業の仮想通貨取引所SBI VCトレードを介して決済が実行されると説明している。

関連越境ECサイト「SBI Motor Japan」ビットコインとXRP決済に対応へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します