OpenSea、新たなNFTプロトコル「Seaport」をローンチ

「Seaport」とは

大手NFT電子市場OpenSeaは20日、オープンソースの新NFT(非代替性トークン)売買プロトコル「Seaport」をリリースした。

このプロトコルは、ユーザーがさまざまな形式でNFTを購入することを可能にするものだ。例えば、一つのNFTを取得するために、別のNFTとイーサリアム(ETH)を合わせてオファーするといったことが可能。

また、NFTコレクションを問わず、NFTの具体的な特徴(traits)のみで購入する選択肢が実装されており、投げ銭機能にも対応している。

発表によると「最初のオファーよりも投げ銭を多くしない限り、出品を完了するときに追加の考慮項目を含めることができる」という。

OpenSeaは現在、NFT電子市場ランキングにおいて出来高が最も高く、46億円を超えている。それに次ぐのは、ソラナ基盤のNFT電子市場「Magic Eden」で約7億円に達している。

関連ソラナ系NFT市場「Magic Eden」、利用者数が最大手OpenSeaに迫る

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します