バイナンス、カザフスタン政府と提携

カザフスタン、バイナンスと覚書を締結

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは25日、カザフスタン共和国政府との間で、同国における仮想通貨市場の発展についての覚書を締結したことを発表した。

この覚書の調印は、バイナンスのChangpang Zhao(CZ)CEOの同国への公式訪問中に、デジタル開発・革新・航空宇宙産業省との間で行われたもの。

協定により、バイナンスは今後、カザフスタンにおける仮想通貨の法的枠組みや規制の策定について、助言を行っていくことになる。

また、デジタル開発・革新・航空宇宙産業省とバイナンスは協力して、銀行セクターのインフラを仮想通貨市場内に統合する機会を探り、分散型台帳技術の開発や適用を促進していく予定だ。

さらに、アスタナ(首都ヌルスルタンの旧称)にブロックチェーン・ハブを構築し、国内外の才能を集めるという。

CZ氏は25日、カザフスタン共和国のカシム=ゾマルト・トカエフ大統領、大統領第一副参謀長ティムール・スレイメノフ氏、デジタル開発・革新・航空宇宙産業省バグダット・ムシン大臣らと会談して、提携について話し合った。ムシン大臣は、覚書締結について、次のように説明している。

CZ氏と共に、私達はカザフスタンにおけるバイナンスのロードマップを検討した。また、アスタナのブロックチェーン・ハブにより、地元の才能ある人々がグローバルに活躍できるよう、ブロックチェーンに焦点を当てたベンチャーキャピタル・ファンドや教育アカデミーを創設する可能性についても議論した。

私達は、カザフスタンが仮想通貨の世界における国際的なプレーヤーが集う、この地域の中心地になることができると信じている。

バイナンスのCZ氏は、カザフスタンは「仮想通貨マイニング業界における世界のリーダーの1つ」であると指摘。「地元当局と全面的に協力することで、バイナンスはカザフスタンの仮想通貨コミュニティとブロックチェーンエコシステムの発展に大きく貢献できると信じている」と述べた。

仮想通貨マイニング事業が急成長

中国政府が2021年5月にマイニング事業含め仮想通貨に対する取り締まりを強化したことから、カザフスタンは安価な電力代などが魅力となり、Canaanなど一部仮想通貨マイニング事業者が移転先として拠点を拡大している。

英ケンブリッジ大学傘下のCCAF(Cambridge Center for Alternative Finance)の統計によれば、21年8月時点で、カザフスタンのビットコイン(BTC)ハッシュレートは世界2位まで急成長した。

その後22年1月時点の最新データでは、米国(約38%)、中国(約21%)に次ぎ、カザフスタンは世界3位(約13%)だった。

関連ビットコインの世界採掘シェア、中国が2位に返り咲く=英ケンブリッジ大学

ハッシュレートとは

マイニングの採掘速度のこと。日本語では「採掘速度」と表現される。単位は「hash/s」。「s」は「second=秒」で、「1秒間に何回計算ができるか」を表す。マイニング機器の処理能力を表す際や仮想通貨のマイニングがどれくらいのスピードで行われるかを示す指標として用いる

▶️仮想通貨用語集

ただし電力不足などにより、同国政府は2月、13箇所のマイニング拠点を閉鎖している。また、21年10月には、マイニング企業による電力使用を制限する施策を導入した。

規制状況の先行きが不透明になるにつれ、一部のマイニング事業者は、カザフスタンから米国やロシアへの移転を希望していると報じられていたところだ。

こうした中、今回のバイナンスとの覚書締結は、カザフスタン政府が仮想通貨やブロックチェーンについて積極的姿勢を取っていくことを示すものとなった。

関連カザフスタン、電力不足に伴い仮想通貨マイニング企業を強制閉鎖

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します