米TIMES誌、FTXのサムCEOを「影響力ある100人」に選出

FTXを率いる億万長者

米国の「タイム(TIME)」誌は、22年の「世界で最も影響力のある100人」の1人として、大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXのサム・バンクマン・フリードCEOを選出した。

サムCEOは、MIT(マサチューセッツ工科大学)卒業後、Jane Streetなどを経て2019年に仮想通貨デリバティブ取引所FTXを設立。

同取引所の成長とともに保有する資産価値は増加しており、フォーブス誌の米国の長者番付にもランクイン。先日には、仮想通貨や株などの取引サービスを提供するロビンフッド・マーケッツ(ロビンフッド)の株式を、7.6%取得したことが判明した。

タイム誌は、サム氏を「Titans(巨人)」の1人として選出。以下のように紹介している。

過去2年間における、主流文化内での仮想通貨の台頭に、サム・バンクマン・フリード氏ほど大きな影響を与えた人物はいないだろう(中略)バンクマン・フリード氏は、仮想通貨が有する変革の力を信じて、同領域に対する世間からの評判を改善しようと活動している。彼は利他主義者として、仮想通貨が金融市場の民主化や貧困と、腐敗の削減に貢献できると考えている。

関連大手取引所FTXのCEO、米大統領選で120億円以上を献金する意向

米国部門は株取引を提供開始

サム氏が率いるFTXは、拡大のための動きを続けている。

19日には米国部門「FTX US」が、株を取引できるプラットフォーム「FTX Stocks」をローンチ。このプラットフォームは、普通株とETF(上場投資信託)を含め、米国に上場する何百種類もの有価証券を取り扱っており、ユーザーはFTXのアプリから取引が行える。

「FTX US」はこのサービスを拡充する姿勢を見せており、24日には、少なくとも3つの株取引関連スタートアップの買収を打診していることが、米CNBCから情報筋の話として報じられた。

FTXとは

FTXは、主にデリバティブを提供する仮想通貨取引所で、出来高はバイナンスに次ぐ規模。最近では日本に進出したことでも大きな注目を集めた。「SBF」の通称で知られるサム・バンクマン・フリード氏が最高経営責任者を務める。

▶️仮想通貨用語集

関連:米国版FTX、株取引サービス拡大に向け「証券スタートアップ」の買収準備か

関連:米国版FTX、株やETFの取引サービス(ベータ版)をローンチ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します