ソラナ、ブロックチェーン時間に遅延も「パフォーマンスへの影響はない」

ブロックチェーン時間の遅延

ソラナ(SOL)ブロックチェーン上の時計が26日以降、実際より30分以上遅れる状況が継続している。公式サイトによると、ブロック生成にかかる時間が通常よりも長くかかっているが、「ネットワーク性能に影響はない」と説明されている。

出典:Status.solana

この現象による直接の影響は、ソラナ上のトランザクションのタイムスタンプが不自然に表示されること。例えば、1分前の取引記録が「1時間前」と表示されるようなことだ。ソラナ・ステータスサイトの通知では、承認速度などの「ネットワークパフォーマンスには直接影響がない」と主張されている。

より重要なポイントは、ステーキング報酬の発生期間(スパン)が長引くことにより、最終的にネットワーク貢献者の収益減につながる可能性があることだ。

この状況は、ソラナ・ブロックチェーンの「スロットタイム」が通常より長引いているために生じている。スロットタイムとは、バリデーターがトランザクションを取り込み、ブロックを生成する時間のこと。ソラナの理想的なスロットタイムは400ミリ秒(ms)だが、現状では約2倍の750ms程に達している。

ソラナでは全てのノード間でリレーせず、効率的にトランザクションを承認できるよう「Proof of History(PoH」というアプローチを採用している。PoHでは、スロットを順番に並べることでロジカルに時計を管理しており、スロットタイムが正常である限りソラナの時間は実際の時間と一致する。しかし、スロットタイムが400msより大幅に長くなると、ソラナの時計が実世界の時間より遅れることになる。

関連:Web3ブラウザBrave、ソラナブロックチェーンに対応

ステーキング報酬への影響

ソラナでは、SOLトークンのインフレ分の一部を使用して、1エポック(432,000スロット)毎にネットワーク参加者に報酬を支払っている。本来(400msの場合)、各エポックは2~3日に一度、年間182エポックあるのだが、スロットタイムが長いと年間エポック数が少なくなる。

ソラナのバリデーターを運用するブロックチェーン開発企業stakewiz.comによると、「エポック数の減少は最終的にネットワーク上のデリゲーター(委任者)やバリデーターの収益を圧迫する恐れがある」という。

この問題の根本的な原因はまだわかっていない。現在、Solana Labsの上級エンジニアが継続的に調査しており、最新情報は公式ディスコード「Solana Tech」の「#slow-blocks-debug」チャネルで把握できるだろう。

関連:ソラナ(SOL)ブロックチェーンが一時クラッシュした背景、7時間にわたりネットワーク停止

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します