Web3ブラウザBrave、ソラナブロックチェーンに対応

対応する銘柄を拡大

Web3ブラウザBraveは25日、新たなバージョンリリースでソラナブロックチェーンに対応し始めたと発表した。

Braveがソラナネットワークを機能として統合することを発表したのは昨年の11月。今回は、デスクトップブラウザに、ソラナ・ブロックチェーンのウォレット機能を搭載。

関連次世代ブラウザBrave、仮想通貨ソラナを機能統合へ

ユーザーはBraveウォレットを通して、ソラナ(SOL)及びさまざまなSPLトークン(ソラナ規格トークン)を売買・保管可能。また、BraveのプラットフォームトークンBATをソラナブロックチェーンに送信したり、イーサリアム仮想マシン対応のブロックチェーンでBATを利用することもできる。

また、BATのユースケース拡充として、今後はソラナ基盤の大手NFT電子市場Magic Edenなどでも利用可能になる見込みだ。

関連ソラナ系NFT市場「Magic Eden」、利用者数が最大手OpenSeaに迫る

なお、ソラナブロックチェーンに対応するブラウザは他にもある。Operaブラウザーは3月末より、ソラナ(SOL)やポリゴン(MATIC)を含む8のブロックチェーンに対応している。

関連Operaブラウザー、ソラナやポリゴンなど8つのブロックチェーンに対応

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します