コスメブランドNYXが「ザ・サンドボックス」と提携、NFTアバター展開へ

8,000体以上のNFTアバターを発行

化粧品大手ロレアル(L’Oréal)傘下のコスメブランドNYX Professional Makeup(NYX)は5月31日、メタバース(仮想現実)系NFTゲーム「ザ・サンドボックス(SAND)」との提携を発表した。

「NYX」はロサンゼルス発祥のコスメブランド。世界70カ国以上で展開しており、小売店の数は数千軒以上。また、同ブランドは今回、ブロックチェーンラボPeople of Crypto(POC)とも提携したことも明かした。

今回の提携によって、「ザ・サンドボックス」内では、合計8,430体のNFT(非代替性トークン)アバターが17日にミント(発行)・販売される予定。

関連:米コインベース、上場予定銘柄にザ・サンドボックス(SAND)追加

NYXの企画は、6月の「プライド月間」をサポートすることを目的としたものだ。「プライド月間」とは、性的マイノリティ(LGBTQ+)の権利を啓発を目標としており、世界各国で啓発活動やイベントなどが実施される期間を指す。

販売されるアバターには、36色以上の肌の色や民族の違い、義手など、多様性を示す要素が導入されている。販売収益はロサンゼルスLGBTセンターに100%(最大5万ドル(約650万円))寄付される予定となっている

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使い、様々な楽しみ方ができる。

▶️仮想通貨用語集

NYXは、「ザ・サンドボックス」内に、ハブ「Valley of Belonging」も設置する。

同ハブは24日、「ザ・サンドボックス」のアルファテストシーズン3に先駆ける形でオープンする。ドラァグクイーンのガイドNPCなどが配置されており、多様性を祝福し「公平なWeb3の重要性を大胆に再確認する」場になるという。

メタバース内にハブも設置へ

ザ・サンドボックスはメタバース内で立方体を組み合わせて作るボクセルアート系のNFTゲーム。

21年4月には国内大手取引所のコインチェックでSandbox内の仮想土地(LAND)セールが行われた際には即完売に至るなど、代表的なメタバース系プロジェクトとして人気と知名度を誇る。

SANDトークンは同プラットフォームのゲーム内通貨やユーティリティトークンとして機能するERC-20規格の仮想通貨。ステーキングやガバナンス投票などで活用できる。

企業との提携なども積極的に行っており、5月にはNetflixの人気ドラマ「愛の不時着」などを手掛けた、韓国のドラマ制作会社Studio Dragonとのパートナーシップを発表した。

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します