CoinPostで今最も読まれています

コスメブランドNYXが「ザ・サンドボックス」と提携、NFTアバター展開へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

8,000体以上のNFTアバターを発行

化粧品大手ロレアル(L’Oréal)傘下のコスメブランドNYX Professional Makeup(NYX)は5月31日、メタバース(仮想現実)系NFTゲーム「ザ・サンドボックス(SAND)」との提携を発表した。

「NYX」はロサンゼルス発祥のコスメブランド。世界70カ国以上で展開しており、小売店の数は数千軒以上。また、同ブランドは今回、ブロックチェーンラボPeople of Crypto(POC)とも提携したことも明かした。

今回の提携によって、「ザ・サンドボックス」内では、合計8,430体のNFT(非代替性トークン)アバターが17日にミント(発行)・販売される予定。

関連:米コインベース、上場予定銘柄にザ・サンドボックス(SAND)追加

NYXの企画は、6月の「プライド月間」をサポートすることを目的としたものだ。「プライド月間」とは、性的マイノリティ(LGBTQ+)の権利を啓発を目標としており、世界各国で啓発活動やイベントなどが実施される期間を指す。

販売されるアバターには、36色以上の肌の色や民族の違い、義手など、多様性を示す要素が導入されている。販売収益はロサンゼルスLGBTセンターに100%(最大5万ドル(約650万円))寄付される予定となっている

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使い、様々な楽しみ方ができる。

▶️仮想通貨用語集

NYXは、「ザ・サンドボックス」内に、ハブ「Valley of Belonging」も設置する。

同ハブは24日、「ザ・サンドボックス」のアルファテストシーズン3に先駆ける形でオープンする。ドラァグクイーンのガイドNPCなどが配置されており、多様性を祝福し「公平なWeb3の重要性を大胆に再確認する」場になるという。

メタバース内にハブも設置へ

ザ・サンドボックスはメタバース内で立方体を組み合わせて作るボクセルアート系のNFTゲーム。

21年4月には国内大手取引所のコインチェックでSandbox内の仮想土地(LAND)セールが行われた際には即完売に至るなど、代表的なメタバース系プロジェクトとして人気と知名度を誇る。

SANDトークンは同プラットフォームのゲーム内通貨やユーティリティトークンとして機能するERC-20規格の仮想通貨。ステーキングやガバナンス投票などで活用できる。

企業との提携なども積極的に行っており、5月にはNetflixの人気ドラマ「愛の不時着」などを手掛けた、韓国のドラマ制作会社Studio Dragonとのパートナーシップを発表した。

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/02 土曜日
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア