米コインベース、上場予定リストに16銘柄を追加

米国の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは8日、新たに16銘柄の上場を予定していることを発表した。

コインベースは新たに、Aleph im(ALEPH)、Chrono tech(TIME)、 DEXTools(DEXT)、Drep(DREP)、Elastos(ELA)、HOPR(HOPR)、LockTrip(LOC)、Math(MATH)、Media Network(MEDIA)、Monavale (MONA)、Muse(MUSE)、Nest Protocol(NEST)、PARSIQ(PRQ)、StaFi (FIS)、Sylo(SYLO)、TE-Food(TONE)の16銘柄を上場計画のリストに追加し、今後上場させる予定だ。

コインベースは4月に銘柄の上場プロセスを改善するために、銘柄のロードマップを導入。今回は上記の上場確定の銘柄のほか、上場検討のリストにはAutomata Network(ATA)、Chain(XCN)、DeFi Yield Protocol (DYP)、Marlin(POND)の4銘柄も追加した。

また、コインベースは昨日、以前上場計画のリストにあったBitDAO(BIT)とCoin98(C98)の新規取扱予定を発表したばかりだ。

関連米コインベース、2銘柄新規上場へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します