Crypto.comのCronosブロックチェーンプラットフォーム、Web3やDeFiに130億円投資へ

大型支援プログラム

仮想通貨取引所などを運営するCrypto.com傘下のブロックチェーンプラットフォームCronosは7日、Web3やDeFiプロジェクトに1億ドル(130億円)を投資するプログラムを発表した。

CronosはCrypto.comが開発したイーサリアム互換性のあるブロックチェーンプラットフォームで、Crypto.org Chainと並列して稼働している。

関連初心者でもわかる仮想通貨企業Crypto.com(クリプトドットコム)とは

Cronosの投資プログラムはWeb3やDeFi、NFTゲーム、ブロックチェーンインフラの分野で開発するプロジェクトに出資。1プロジェクトにつき、100,000ドル〜$300,000ドルの資金を得ることが可能だ。

また、Cronosは主要パートナーであるMechanism Capital、Spartan Labs、IOSG Ventures、OK Blockchain Capital、AP Capitalと連携し、選ばれたスタートアップにエコシステムなどに関するメンターシップとワークショップも提供する。

なお、Crypto.comは先週、ドバイの仮想通貨規制当局(VARA)から仮想通貨ライセンスを取得したことを発表した。

関連Crypto.com、ドバイで仮想通貨ライセンス取得

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します