コスモス基盤DEXのOsmosis、6.5億円以上が不正流出

ネットワーク一時停止

コスモス(ATOM)基盤のブロックチェーン及び分散型取引所(DEX)であるOsmosisは8日、脆弱性の悪用を受け、6.7億円(500万ドル)の資産が流出したことを発表した。現在ネットワークは停止中だ。

脆弱性が発覚したのは8日で、Osmosisのバリデータはその後ブロック番号#4713064でネットワークを停止し、開発チームがバグの修正を実施した。バグは資金プールに関連するもので、具体的な報告は調査結果次第改めて伝えるとしている。

Osmosisが9日に投稿した最新情報によると、脆弱性を利用したのは4名のユーザーでそのうちの2名は返金する意思を示しており、残りの2名は他の取引所に入金したという。

OsmosisのDEXは自動マーケットメーカー(AMM)であり、超流動的ステーキングクロスチェーンサービスを提供している。

関連コスモスネットワークのDEX「Osmosis」とは【CONNECTV・動画解説】

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します