バイナンスCZ氏、SECのBNB調査についてコメント──「Consensus 2022」

「召喚状はもらっていない」

大手仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるCZ氏は13日、CoinDesk主催の大型カンファレンス「Consensus 2022」にリモート登壇し、先週報じられた米SECによるBNBトークンの調査についてコメントした。CoinDeskが報道した。

CZ氏によると、SECはBNBトークンについてバイナンスに質問してはいるが、召喚状自体はもらっていない。また、SECはバイナンスやそのプロダクトやサービスについては定期的に連絡を取っている、と話した。召喚状の発行はSECの本格的調査における手続きであり、それを受けた側は書類提出などの協力を行う必要がある。

先週、米ブルームバーグは、SECが2017年にバイナンスがBNBのトークン販売を行なった際に有価証券法に違反したかどうかについて調査していることを報じた。当時、バイナンス側は声明で、「教育、支援、情報要求への自主的な対応を含む、規制当局との継続的な対話についてコメントすることは適切ではない」、「同社は当局と協力し規制当局が定めるすべての要件を満たす努力を継続する」と述べた。

関連米SEC、BNBトークンを調査か

なお、バイナンスは現在米司法省、CFTCおよびIRS(内国歳入庁)の捜査に協力しているところだ。

関連「米司法省・税務当局がバイナンスを調査」との報道受け、同社代表が釈明

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します