取引所BTCBOX、販売所でポルカドット(DOT)の取り扱い開始へ

DOTの取り扱い開始が決定

国内暗号資産(仮想通貨)取引所BTCBOXは13日、ポルカドット(DOT)の取り扱い準備を進めていることを発表した。

同チェーンは、異なるブロックチェーンが相互運用できる分散型のWeb世界の実現を目指しているプロジェクト。日本発のパブリックブロックチェーン、Astar Network(ASTR)が接続していることでも知られる。

関連:BTCBOX、仮想通貨ドージコイン(DOGE)取り扱い開始

BTCBOXでは、DOTは「かんたん売買」で取り扱われる予定。現時点では、具体的な取り扱い(取引)開始日は判明していない。BTCBOXは確定次第、日程を告知すると説明した。

ポルカドットとは

DOTはネットワークのネイティブトークン。メインチェーンである「リレーチェーン(Relay Chain)」、および「パラチェーン(Parachain)」と呼ばれるシャードチェーンを中心とした独自のネットワーク構造によって構成。

高度なインターオペラビリティ(相互運用性)とスケーラビリティを有しており、また5月にはアップグレード「v0.9.19」を実装され、ブロックチェーン間で各種データや仮想通貨の直接的な通信機能が有効になった。

関連:ポルカドットがアップグレード、パラチェーン間の直接通信が有効に

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します