イーロン、ドージコイン誇大宣伝で34兆円の訴訟を提起される

ドージコインを誇大宣伝したとして提訴

イーロン・マスク氏は16日、暗号資産(仮想通貨)ドージコイン(DOGE)を誇大に宣伝して利益を得たとして投資家から提訴された。原告のキース・ジョンソン氏は、マスク氏から約34兆円(2,580億ドル)の支払いを求めている。

訴状は、「被告は2019年から、ドージコインに価値がないことを認識していたにもかかわらず、その取引から利益を得るためにドージコインを宣伝した」と述べた。

また、マスク氏が「世界一の金持ちという立場を利用」して、利益や娯楽のためにドージコインによる、「ピラミッドスキーム(ネズミ講の一種)を操作していた」と主張している。

マスク氏はソーシャルメディア上でドージコインへ言及したり支持を表明して、何百万人もの人々がドージコインを買い込むように意図的に仕向けたと申し立てる格好だ。

ピラミッドスキームとは

ネズミ講の一種。参加する者に報酬を約束すると共に、参加者が新たなメンバーを勧誘した際にも報酬を支払うとする。一般的に実際の投資事業などは行わず、加入する際に参加者が支払った金額を、既存会員に分配するもの。このスキームが維持されるためには、新たな参加者が無限に登場することが必要とされるため、いつか破綻する。

▶️仮想通貨用語集

これまでの発言

背景として、マスク氏は2019年よりドージコインを称賛するツイートを行い、その直後に同トークンの価格が上昇してきたことがある。

例えば、2021年2月のドージコイン関連投稿では100万いいねを獲得し、ドージコイン価格は前日比60%高になった。同月にはマスク氏のこうしたツイートを米証券取引委員会(SEC)が調査しているとの噂が流れたが、マスク氏は「そうなることを願っているよ」と挑発的な発言を行っている。

さらに、21年5月には「テスラ社にドージコインを受け入れてほしいか」とドージコイン決済を受け付けることを示唆したアンケートを投稿。これにより、一時ドージコインの価格は15%急騰した。

21年12月には、マスク氏は「テスラ社はまもなく一部の商品のドージコイン決済を試行する」とツイート。該当したのは自動車ではなくテスラ社関連グッズであり、商品ページでは、「サイバーホイッスル」が300DOGE(当時約20円の単価)として表示された。

また、マスク氏はスペースXの商品についてもドージコインで購入できるようになると述べていた。

関連物議を醸す、イーロン・マスクの仮想通貨関連ツイートまとめ

関連米テスラ、DOGECOIN決済を開始

こうしたことを背景に、原告のジョンソン氏はマンハッタンの連邦裁判所に提出した訴状で、マスク氏だけではなく、テスラ社と、宇宙輸送サービス会社スペースXも提訴。マスク氏はドージコインの使用を普及させるために、自分の事業を利用しようとしたと申し立てた。

訴状は、約11兆円(860億ドル)の金銭的損害賠償に加えて、約23兆円(1,720億ドル)の三倍賠償を要求している。三倍賠償とは通常、懲罰的措置として用いられるもので、裁判所は最大で損害額の3倍まで賠償金を課すことができるものだ。

訴状は、賠償金の他に、ドージコイン取引がニューヨークの法と連邦法の下でギャンブルにあたると定め、専門家ではないマスク氏のような人物や企業がドージコインを宣伝するのを禁止することを望んでいる。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します