出金停止中のBabel Finance、流動性改善について発表

出金停止が継続

顧客資金の出金停止が続く香港発の仮想通貨融資プラットフォームのBabel Financeは20日、流動性の状況を改善することについて新たに発表を行った。

Babel Financeは17日、一部の業界大手が相次いでデフォルト(債務不履行)状態に陥ることを背景に、顧客資金の出金対応を停止することを実施。今もその状態は続いている。

関連相次ぐ出金停止の事例、仮想通貨融資大手Babel Finance

今回の発表では、流動性の状況を把握するために運営の緊急評価を実施し、また、主要取引先と「一部の債務の返済期間について予備的合意に達した」ため、会社の短期的流動性の圧力が緩和されたと説明した。なお、出金再開の時期については未だ定かではない。

1週間前にはCelsius Networkをはじめ、一部の融資企業は出金制限をかけたり、出金凍結を実施し始めた。また、大手ヘッジファンドThree Arrows Capitalの債務問題が融資企業にもたらした流動性の影響は未だ完全に明らかになっておらず、市場の警戒感は高まっている状態だ。

Celsiusに関しては昨日も発表を行い、「出金凍結について、規制当局や関係者と引き続き協力し、解決策を見出していきたい」と述べたものの、出金再開の時期については言及しなかった。

関連Three Arrows Capital、資産売却や他社からの救済も検討=WSJ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します