Three Arrows Capital、資産売却や他社からの救済も検討=WSJ

デジタル資産暴落で莫大な損失

シンガポールの大手暗号資産(仮想通貨)ヘッジファンド「Three Arrows Capital」は、デジタル資産市場の暴落で莫大な損失を被ったため、法律顧問と財務顧問を雇用したことが分かった。「The Wall Street Journal(WSJ)」が17日に報じた。

Three Arrowsの共同創業者Kyle Davies氏は、「我々は仮想通貨の将来性を信じてきたし、その考えは今でも変わらない」と述べ、「現在の問題に取り込み、全ての関係者に公正な解決方法を見つけたい」と説明。そして「資産の売却や他社からの救済を含めた選択肢を検討している」と話している。同社は、資産の債権者(貸主)に対し、今後の計画を考える時間の猶予も求めていきたい意向だ。

同社の債務問題は連日報じられている通り。Three Arrowsは複数の融資会社から資金を借り入れたりしているため、関係企業の自己資本の損失など様々な影響が懸念されている。17日には、仮想通貨貸借サービス大手Genesis TradingとBlockFiのマージンコール(追加証拠金の要請)に応じることができず、ポジションを強制清算されたことが報じられた。

関連仮想通貨融資大手Genesis Trading、大口取引先のポジションを清算

関連大手ヘッジファンド「Three Arrows Capital」、ビットコインのポジションを強制清算か=FT報道

マージンコールとは

担保にしている証拠金が不足した場合に、追加の入金を求めること。

▶️仮想通貨用語集

Davies氏は今回、WSJのインタビューに対し「テラ騒動に不意を突かれた」と説明。Three Arrowsはテラのプロジェクトに、トークンセールを通して約270億円(2億ドル)出資していた。その後、ステーブルコインのUST(現USTC)やLUNAトークン(現LUNC)の暴落には耐えられたものの、ビットコインやイーサリアム(ETH)などの価格にも影響が波及したことで、同社の負担が大きくなったと述べている。

新たな清算事例か

Three Arrowsは先週、仮想通貨取引所FTX、Deribit、BitMEXでもマージンコールに応じることができず、ポジションが強制清算されたことが分かった。3名の情報筋の話として、CoinPostの提携メディア「The Block」が17日に報じている。

FTXやDeribitへの影響は小さいと見られているが、BitMEXには約8億円(600万ドル)の債務を負った。BitMEXの担当者は金額は明かさなかったものの、Three Arrowsのポジションを清算したとThe Blockに認めている。そして「これは担保債務であり、顧客資産は含まれていない」と強調した。

なお、Bitfinexのポジションについては、Three Arrowsは清算されずに損失が出た状態でクローズしたという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します