a16z、NFTゲームプラットフォームの31億円調達を主導

Cryptoysへ出資

NFTゲームプラットフォーム「Cryptoys」は23日、資金調達ラウンドで31億円を調達したことを発表した。

米VC大手のa16zがラウンドを主導し、Animoca BrandsやDapper Labs、CoinFundなど複数のVCも参加している。

CryptoysはDapper Labs開発のFlowブロックチェーンを利用し、ユーザーが収集可能なNFTトイでP2Eゲームに参加できる、NFT基盤のゲームバースを構築中。今夏以降にプラットフォームをローンチする予定だ。

現在の仮想通貨市場はいわゆる冬の時代に入ったが、大手VCによる出資は依然増え続けている。メタバースゲーム「Atmos」が13日にシードラウンドで約15億円を調達し、21日にはMagic EdenがシリーズBラウンドで約177億円(1.3億ドル)を調達したことが相次いで発表されていた。

関連ソラナ基盤NFT電子市場「Magic Eden」、新たに177億円調達

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します