融資大手ジェネシスに数百億円の損失か、仮想通貨業者の債務問題で

Genesisに数百億円の損失

暗号資産(仮想通貨)融資大手Genesis Tradingは、ヘッジファンドThree Arrows Capitalら業界各社の債務問題の影響で、数百億円(数億ドル)の損失を被った可能性があるようだ。

Genesis Tradingは、仮想通貨のレンディングの他、マーケットメイクやカストディサービスを提供する大手ブローカー企業。21年第1四半期(1-3月)の新規仮想通貨貸与額は200億ドル(約2兆円)を超え、18年3月のレンディング事業開設以来の貸与総額は400億ドル(約4兆円)に上っていた(当時)。

Genesis Tradingは6月17日、マージンコールに応じなかった大規模な取引先のポジションを清算したことを明かしていたが、これがThree Arrowsとは明言されていなかった。

複数の情報源に基づいてCoinDeskが30日に報じた内容によると、Genesis TradingはThree Arrows CapitalとBabel Financeに数億ドル規模のエクスポージャーを取っているという。一部返済を求めている最中で、ヘッジにより損失が抑えられる余地もあるため、正確な損失額は伝えられていない。また、Genesisは不確実性に対処するために、方々の与信枠(LOC)から資金を借り入れているという。

シンガポールのヘッジファンドThree Arrows Capital(3AC)の運用資産はピーク時に、2兆円以上(180億ドル)に上ったが、テラ(LUNA)に出資し、ロックアップした約270億円(2億ドル)を損失。その後、高いレバレッジを掛けた「リベンジ・トレーディング」に取り組むようになったとされる。

その過程で、仮想通貨を担保にBlockFi、Genesis、Nexo、Celsiusといった業界最大手の融資会社から巨額資金を借り入れてきたと見られている。3ACにビットコイン(BTC)ステーブルコインで計900億円相当のエクスポージャーを取っていたVoyager Digitalは27日、3ACに対して債務不履行通知を発行するなど債務問題は業界全体へ飛び火している。

関連:仮想通貨ヘッジファンド「Three Arrows Capital」、裁判所が清算を命令か=報道

債務問題の連鎖

香港発の仮想通貨融資プラットフォームのBabel Financeは17日、一部の業界大手が相次いでデフォルト(債務不履行)状態に陥ることを背景に、「流動性プレッシャーに直面している」として顧客資金の出金停止を実施。今もその状態は続いている。

Genesis TradingのMichael Moro CEOは17日、大口ポジションの清算により損失を軽減したことを強調し、「顧客資金に影響はない」とSNSで説明していた。

当社は、あらゆる手段を用いて潜在的な残余損失の回復を積極的に追求する。潜在的な損失は有限であり、組織として当社のバランスシートと相殺できる。リスクを取り除き、前進している。

Genesis Tradingの親会社であるデジタル・カレンシー・グループ(DCG)社は米最大手仮想通貨・ブロックチェーン持株会社であり、21年11月に100億ドルの評価額で資金調達を実施した。情報ソースは、DCGがGenesisの衝撃を緩衝するのに役立つ可能性が高いと語ったという。

関連:仮想通貨企業Voyager、Three Arrowsの債務不履行を発表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します