仮想通貨企業Voyager、Three Arrowsの債務不履行を発表

仮想通貨を期限内に返済できず

暗号資産(仮想通貨)取引プラットフォームVoyager Digitalは27日、シンガポールの仮想通貨ヘッジファンド「Three Arrows Capital」に対し、債務不履行通知を発行したことを発表した。

一方で、自社の資金と仮想通貨投資・トレーディング企業Alamedaからの融資枠があるため、顧客の注文や出金にはこれからも対応すると説明。24日時点で、185億円(1.3億ドル)超の現金と仮想通貨を保有しているとし、Alamedaからは約270億円(2億ドル)相当のステーブルコイン「USDC」と現金、ビットコイン(BTC)15,000BTC(420億円相当)が借り入れ可能になっていると改めて強調している。

関連仮想通貨投資アプリVoyager、アラメダからつなぎ融資を確保

VoyagerはThree Arrowsに対し、15,250BTC分(430億円相当)と3.5億USDC分(474億円相当)のエクスポージャーがあり、27日までに全額返済するよう求めていた。今回の発表で期日までに返済されなかったことが明らかになったが、これからも返済を求め、法的な救済手段についてアドバイザーへの相談も継続中だと説明している。

エクスポージャーとは

投資家や金融機関、企業が保有する金融資産のうち、価格変動などのリスクにさらされている金額や残高、比率のこと。

▶️仮想通貨用語集

Three Arrowsに債務不履行通知を発行する可能性があることは22日に発表。この時点で法的な救済手段についてアドバイザーに相談していると説明していたが、今回の発表では投資銀行「Moelis & Company」に財政面の相談をしていることも明らかにした。

関連仮想通貨企業Voyager、Three Arrowsに債務不履行通知を発行か

また、Alamedaからの融資枠を約100億円(7,500万ドル)使用したことも公表。今後も注文や出金に対応するため、Alamedaの融資枠を使用する可能性はあるが、Three Arrowsの債務不履行が、Alamedaへの債務不履行につながることはないとした。

VoyagerのStephen Ehrlich最高経営責任者(CEO)は「我々は、顧客からの流動性の要求を満たし続けるため、入念にすばやくバランスシートを強化し、複数の選択肢を検討していく」とコメントしている。

バランスシートとは

企業や組織の財政状況を示す貸借対照表のこと。

▶️仮想通貨用語集

Three Arrowsの状況

Three Arrowsを巡っては、「The Wall Street Journal」が17日に「デジタル資産市場の暴落で莫大な損失を被ったため、法律顧問と財務顧問を雇用した」と報道。Three Arrowsの共同創業者Kyle Davies氏は、「我々は仮想通貨の将来性を信じてきたし、その考えは今でも変わらない」としながらも、「資産の売却や他社からの救済を含めた選択肢を検討している」と話したという。

関連Three Arrows Capital、資産売却や他社からの救済も検討=WSJ

同社はテラのプロジェクトに、トークンセールを通して約270億円(2億ドル)出資。その後、ステーブルコインのUST(現USTC)やLUNAトークン(現LUNC)の暴落には耐えられたものの、ビットコインやイーサリアム(ETH)などの価格にも影響が波及したことで、同社の負担が大きくなったと説明している。

CoinPostの提携メディア「The Block」の情報筋は、複数の仮想通貨取引所でThree Arrowsのポジションが清算されたと明かしていた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します