仮想通貨企業Voyager、Three Arrowsに債務不履行通知を発行か

ビットコインとUSDCの返済リスク

暗号資産(仮想通貨)取引プラットフォームVoyager Digitalは22日、シンガポールの仮想通貨ヘッジファンド「Three Arrows Capital」が期日までに融資を返済しない場合、債務不履行通知を発行する可能性があることを発表した。

VoyagerはThree Arrowsに対し、ビットコイン(BTC)15,250BTC分(410億円相当)と、ステーブルコイン「USDC」で3.5億USDC分(476億円相当)のエクスポージャーがあると説明。まずは2,500万USDC(34億円相当)を24日までに返済し、27日までにビットコインを含めた全額を返済するように求めた。この返済条件をどちらも満たせなかった場合、債務不履行とみなすという。

現時点でVoyagerは、どのぐらいの金額を返済してもらえるかは不透明だとしており、法的な救済手段についてアドバイザーに相談もしているとした。

エクスポージャーとは

投資家や金融機関、企業が保有する金融資産のうち、価格変動などのリスクにさらされている金額や残高、比率のこと。

▶️仮想通貨用語集

Three Arrowsは投資していたテラのプロジェクトでステーブルコインのUST(現USTC)やLUNAトークン(現LUNC)の価格が暴落したり、その影響がビットコインやイーサリアム(ETH)などの銘柄に波及したりしたことで財政難に陥っている。先週には法律顧問と財務顧問を雇用したことも報じられており、資産の売却や他社からの救済を含めた選択肢を検討していることが分かった。

関連Three Arrows Capital、資産売却や他社からの救済も検討=WSJ

Voyagerは先週、仮想通貨投資・トレーディング企業のAlameda Researchから信用供与(クレジットファシリティ)枠を確保したことを発表。当時のレートで約260億円(2億ドル)相当のUSDCと現金、また15,000BTC(400億円相当)が借り入れ可能になっている。22日の発表では、この融資が正式に契約されたことを最初に記載した。

AlamedaはVoyagerが5月に実施した約81億円(6,000万ドル)規模のプライベートラウンドを主導した背景がある。

関連仮想通貨投資アプリVoyager、アラメダからつなぎ融資を確保

Alamedaの融資に加え、Voyagerは20日時点で約207億円(1.5億ドル)相当の現金と仮想通貨を保有しており、さらにUSDC購入用に約27億円(2,000万ドル)も所有していると説明。一方で、Three Arrowsへのエクスポージャーが明らかになったVoyagerの株価は、約60%下落した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します