CoinPostで今最も読まれています

ポルカドット基盤Bifrost、KSMトークン融資で投票へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

KSMトークン5万枚の融資提案

クロスチェーンプロトコルBifrost Financeは4日、Kusama treasuryより、KSMトークン5万枚(3.4億円相当)を借りる提案について投票を行うと知らせた。

ポルカドット(DOT)とKusamaを運営する評議会と、一般コミュニティの両方で投票にかけられることになる。KSMトークン5万枚の融資は、KSMとvKSM(KSMのステーキング流動性デリバティブ)ペアについて初期の流動性を支えるために活用されるという。

Bitfrostの概要

Bitfrostは、ステーキングされた資産に分散型のクロスチェーン流動性を提供するプロジェクト。現在はポルカドットの実験の場として利用されるKusamaで運用されている。

ポルカドットとKusamaのクロスチェーンブリッジが成熟した暁には、ポルカドットにメインプロトコルを移行予定。ポルカドットのリレーチェーン、パラチェーン、さらにポルカドットでブリッジされた様々なチェーンに対して、標準化されたクロスチェーン利子付きデリバティブを提供する計画だ。

Bifrostは、2021年10月21日にパラチェーンKusamaで稼働を始め、それ以来合計約7,000万ドルのデリバティブを生成し、DEX(分散型取引所)へ約600万ドルの流動性を提供してきた。チェーン上には、8万以上のアドレスを擁している。

Kusamaとは

Polkadot(DOT)とほぼ同じコードで実装されており、相互運用性と拡張性を備えたブロックチェーン。Kusama(クサマ)はPolkadotの実験の場として利用されるネットワークなどと呼ばれるが、「テストネット」という位置付けではない。Polkadotで実行可能なこともほとんど実行でき、パラチェーン接続のための条件がPolkadotよりも低いことから、初期段階にあるプロジェクトらに利用される傾向が高い。また、KSMトークンは、バイナンスやクラーケンなどの大手仮想通貨取引所に上場している。

▶️仮想通貨用語集

融資目的

公式発表によると、今回のKSMローンは、KSMとvKSM(KSMのステーキング流動性デリバティブ)のペアの初期流動性として融資を受けるものだ。この初期流動性に対する補助金は、ペアに対する裏付けともなってそれを支える。

それにより、vKSMがKusamaおよびポルカドットのエコシステム内の様々なDeFiなどですみやかに活用されるようになることが狙いの一つだ。また、KSM関連の経済圏成長や採用事例を促進することも期待されるという。

その他にも、融資の恩恵としては「ユーザーがトークンを指名するインセンティブを向上させること」「KSM保有者がステーキングに参加するモチベーションを高めること」「Kusama treasuryからお金を借りて利子を支払うことで、Kusama treasuryの資金利用率を上げること」などを挙げた。

提案によると、1年間有効な金利19%の融資を受け、資金をSolarbeamとTaiga Protocolに均等に分配するという。Solarbeamは、Moonriverパラチェーンネットワーク上に構築された分散型取引所であり、Taigaはデリバティブ流動性プロトコルだ。

Bifrostによると、vKSMは常にKSMと1対1で償還できるため、ローン返済時の変動損失(流動性プールに預けたトークンの価格が入金時と比べて変動した時の損失)は想定していないとしている。

Bifrostは、Kusamaパラチェーンスロットの有効期限が切れる前に、スロット21~28の入札に成功していた。

ポルカドットでは、パラチェーンオークションという仕組みがある。ポルカドットのネットワークに接続するブロックチェーンを決めるためのもので、入札の勝者には接続枠(スロット)が付与される。スロットは限定100枠とされている。

関連初心者でもわかるPolkadot(ポルカドット)|仕組みと将来性を解説

パラチェーンとは

ポルカドットに接続する、独立した個々のブロックチェーンのこと。一方、各パラチェーンが接続され、ネットワークで中心的な役割を果たす部分は「リレーチェーン」と呼ばれる。

▶️仮想通貨用語集

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/02 金曜日
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
07:25
アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。
06:55
2日朝|NYダウ反落 バイナンスIEO銘柄高騰
今日のニューヨークダウ平均は昨日の利上げ減速期待上げから一転し米景気後退のリスクが意識されている形で反落。バイナンスのIEO銘柄HOOKは高騰している。
12/01 木曜日
16:51
フレア(FLR)、年明けにトークン配布イベントへ
20年12月12日時点の仮想通貨XRPの保有者に対して配布予定の「フレア:旧スパーク(FLR)」について、トークン付与(エアドロップ)の実施予定日と対応取引所リストが発表された。
16:32
JCBIら、自己主権型IDの共同研究を開始
一般社団法人ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ(JCBI)は、自己主権型アイデンティティ(SSI)の社会実装をテーマとした共同研究を開始することを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧