ビットコイン反発で22000ドル台を回復、金融市場で過度の警戒感和らぐ

仮想通貨市況

7日のニューヨーク株式市場では、ダウが前日比346ドル高と反発。過度な警戒感が後退し、買い注文が優勢となった。

これを受け、暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比+7.5%の298万円(22,000ドル)と反発。22,000ドル台を回復した。

デリバティブ(金融派生商品)市場では、ビットコイン(四半期)先物のプレミアムについて、現物価格差がマイナス乖離のバックワーデーションからコンタンゴに回帰した。相場の不確実性に対する懸念後退が背景にあるものと見られ、市場が健全化した場合、年率5〜10%程度で落ち着く傾向にある。

出典:Laevitas

割れる相場観

大手ヘッジファンドThree Arrows Capital(3AC)やVoyagerの破産で目先の悪材料が出尽くし悲観のピークを超えたことで、先日までネガティブ一色だったアナリストの見解にも変化の兆しが見え始めた。

FTXやバイナンスなど最大手取引所などが救済に動き始め、BlockFiなど他大手企業に波及する懸念は一定程度後退した。渦中のレンディング企業Celsius Network(セルシウス)は7日までに一部債務を返済し続け、DeFiプロトコルMaker DAOにおけるWrapped Bitcoin(WBTC)担保の強制清算の水準を3,000ドル未満の安全圏まで引き下げた。

関連:FTXサムCEO、「最悪の事態は過ぎ去った」

関連:セルシウス、160億円相当の「DAI」をMakerに返済

Etherscanのデータによると、Maker DAOに対する4,100万ドルの債務は、8日までに完済されたものと見られる。

現時点では「反発時に十分な出来高が付いてきておらず、過去8ヶ月間の下落トレンドで繰り返されてきたフェイクパターン(ブルトラップ)の範疇であり、(長期的な)下落トレンドの内の(短期的な)揺り戻しに過ぎない」として、慎重な見立ても少なくない。

一方、Michaël van de Poppe氏は、約22,520ドルを推移する「200週移動平均線(200WMA)を超えた場合は、多くの流動性をもたらし、1BTC=30,000ドル付近まで上昇する可能性がある」との見解を示した。

Will Clemente(@WClementeIII)氏も、反転するにせよ下落継続するにせよ、相場のターニングポイントだとしている。

Caleb Franzen(@CalebFranzen)氏は、ビットコイン建の「ETH/BTC」にて、200日移動平均線のリテストをクリアした場合、重要なリスク選好シグナルとなり得るとの見方を示した。

ブルームバーグのストラテジストであるMike McGlone氏は、「2022年上半期と同様の速度で株価が下落し続ける場合、6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の75bps引き上げが最後になる可能性がある」と指摘した。

FRB(米連邦準備制度)はインフレ抑制のため、すでに通常の3倍水準の利上げ及び金融引き締めに傾倒する。

株指数の動向は景気のバロメーターであり、株価の大幅下落は企業の資金調達を困難にし、結果的にリセッション(景気後退)リスクを高めることになることから、物価高による影響との狭間で難しい舵取りを迫られているのが現状だ。

しかしながら、11月8日に「米国中間選挙」を控える中、これ以上の株価の暴落が続けば経済界からの反発が強まる可能性もあり、票田に波及すればバイデン政権の趨勢にも影響を及ぼす可能性がある。

Mt.Gox訴訟で進展

2014年に経営破綻した仮想通貨取引所マウントゴックス(Mt.Gox)の小林管財人は6日、債権者の弁済手続きについて連絡を行った。再生計画に従った返済準備が進んでいることを示すものだ。

債権者は、早期一括弁済を受けるか否か、ビットコインとビットコインキャッシュで一部弁済を受けるか否かなどの選択を迫られる。

直ちに影響を及ぼす状況にはないものの、マウントゴックスは141,686BTCほど保有しているとされ、将来的な返還後に相応の売り圧力が生じる可能性も指摘される。

関連:Mt.Gox債権者、ビットコインや現金の弁済手続き開始

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します