FTXサムCEO、「最悪の事態は過ぎ去った」

業界は先へ進む

大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXのサム・バンクマン=フリードCEOは、ロイターとのインタビューで、仮想通貨業界では厳しい状況が続いているものの、最悪の事態からは脱しつつあるとの考えを明らかにした。

FTX とは

FTXとは、「SBF」の通称で知られるサム・バンクマン・フリード氏が最高経営責任者を務める仮想通貨取引所。主にデリバティブを提供する取引所で、出来高はバイナンスに次ぐ規模となっている。

▶️仮想通貨用語集

FTXに支援を求める企業が増えているが、「概して悲惨な状況ではない」とサム氏。小規模な取引所は破綻する可能性があるとしながらも、業界はその先に進みつつあると述べた。

5月のテラ・ショックに端を発した「仮想通貨の冬」の到来で、現在、多くの仮想通貨企業が苦境に立たされている。仮想通貨ヘッジファンドThree Arrows Capital(3AC)は1日、米国で破産申請を提出。3ACへ巨額の融資を行なっていた取引プラットフォームVoyager Digitalも5日に破産申請を行った。

サム氏は、このような状況について「業界にとって存亡の危機とは思わないが、予想していたよりかなり悪いという印象だ」とコメント。一方、仮想通貨市場については、価格が安定し始めて底を打った感はあるが、今後もマクロ経済の状況に大きく左右されるだろうと語った。

関連:仮想通貨ヘッジファンドThree Arrows、米国で破産申請

関連:3ACへの巨額融資の影響で連鎖破綻か、仮想通貨企業Voyagerが破産申請

業界と企業の救済

サム氏は顧客の資産保護の重要性を訴え、「ユーザーとの信頼関係を築くことが非常に重要であり、一旦信頼を無くしてしまうと取り戻すのは難しい」と強調。業界全体へ悪影響が波及することを防ぐため、困難に直面する仮想通貨企業へ救済の手を差し伸べている。

悪影響の波及をくい止めるために、たとえ我々が損失を出していたとしても、救済を真剣に検討する責任がある。我々が問題の原因でなくても、関係していなくも同じだ。
それがエコシステムの健全性につながる。私はエコシステムの成長をサポートしていきたい。

FTXは仮想通貨金融サービス企業BlockFiに約340億円(2.5億ドル)を融資。また、FTXの親会社に当たる仮想通貨投資・トレーディング企業「Alameda Research」はVoyager Digitalに、約270億円(2億ドル)相当のステーブルコイン(USDC)と、15,000 BTCの信用供与枠を提供した。

関連破産申請したVoyager、FDICの保険は顧客資産に不適用と発表

今年1月にFTXが設立した、2,700億円(20億ドル)規模のデジタル資産投資のベンチャーファンド「FTX Ventures」が、資産は持ちながらも流動性の乏しい企業を救済してきたという。

サム氏は、必要であれば20億ドル規模の取引を行うのには、十分な手持ち資金があると付け加えた。一方、株主のいる一企業という立場でFTXが援助するのが「理に叶わない」場合は、同氏自身の資金を使って企業を救済したいと明かした。

関連:「市場に漂う清算リスクの暗雲」、仮想通貨企業の債務問題・救済策まとめ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します