セルシウス、160億円相当の「DAI」をMakerに返済

セルシウスが仮想通貨DAIを返済

暗号資産(仮想通貨)貸付サービスを提供するCelsius Network(セルシウスネットワーク)は7月4日から5日にかけ、DeFiプロトコルのMakerに、160億円(1.2億ドル)相当のステーブルコイン「DAI」を返済したことが分かった。

財政難に直面するセルシウスは、Makerでは「Wrapped Bitcoin(WBTC)」を担保にDAIを借りており、担保資産の価値低下によって清算されるリスクが以前から懸念されている。これまでは、証拠金のWBTCを追加したことも確認されていた。現在の詳しい状況が不透明なセルシウスだが、Makerのポジションが清算されないように対応を継続している模様だ。

関連仮想通貨融資大手セルシウスの出金停止、競合他社の反応は?

Wrapped Tokenとは

仮想通貨を別のブロックチェーン上で使用するための代替トークン。価格は元の仮想通貨に紐づく。WBTCはイーサリアムブロックチェーン上でビットコインをを使用するために発行されるトークンで、価格はBTCに紐づいている。

▶️仮想通貨用語集

関連CoinBestで国内初、DAI(ダイ)の取引所取引を開始|DAI(ダイ)解説付き

「DeFi Explore」のデータによると、本記事執筆時点でセルシウスと関連づけられた当該アドレスでは、2万3,962WBTCを担保に8,200万DAIを借りている。現在の清算ラインは1WBTC=4,967ドル。WBTCの価格は本記事執筆時点で2万ドル前後を推移している。「Zapper」のデータによると、セルシウスと関連づけられた15アドレスが借りている総額は、約3.5億ドルだという。

セルシウスの状況

セルシウスは先月13日、「極端な市況」を理由に顧客資金の引き出し、仮想通貨のスワップ(交換)や口座間の送付を停止。現在もサービスは再開されていない。最新の公式発表では1日、「流動性や運営の安定に注力しており、情報を共有できるように努めている」と改めて説明。「資産を守るため、利用できる選択肢を今も探っている」とした。

関連仮想通貨取引所FTX、セルシウスの救済は見送りか=The Block

情報筋の話としては先月末、担当弁護士から破産手続きを進められていることが分かった。一方で、セルシウスの幹部は弁護士の申し出に反対。顧客の多くは長期に渡る破産手続きを望んでいないはずだと主張しており、現在も内部で議論が続いている様子が伝えられている。

関連仮想通貨融資企業セルシウス、弁護士が破産手続きを推奨か=The Block

また今月に入ってからは、セルシウスのリードインべスターである「BnkToTheFuture」がセルシウスに関する3つの再建案を公開したことが分かった。

同社は3つのプランを提案しており、事業を再建して資金回収を待つ方向性の2つのプランと、ビットコインのクジラ(大口投資家)たちと共同投資するプランが含まれている。

関連セルシウスに3つの再建案、2016年ビットフィネクス救済案を応用

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します