セルシウスに3つの再建案、2016年ビットフィネクス救済案を応用

BnkToTheFutureの再建案

Celsius Network(セルシウスネットワーク)のリードインべスターであるBnkToTheFutureは30日、破産の危機に瀕しているとされるCelsiusに関する3つの再建案を公開。コミュニティに意見を求めている

BnkToTheFuture(BFT)は、投資家がフィンテック企業やファンド、仮想通貨プロジェクトに共同投資できる分散型投資プラットフォーム。

8万5,000以上の適格投資家のネットワークを保持しており、CelsiusのシリーズB投資ラウンドではコミュニティパートの管理を担い、プラットフォームの投資家から資金を調達した。

Bnk To The Future Capitalの主張によると、Celsiusの株式の5%以上を保有するため、株主総会を招集する権利がある。コミュニティ代表としてプランを提出するため、3つの提案についてハッシュタグを付けて意見を述べるようCelsiusのユーザーに呼びかけている。

3つの提案には、事業を再建して資金回収を待つ方向性の2つのプランと、ビットコインのクジラ(大口投資家)たちと共同投資するプランが含まれている。

  • 提案1:Celsiusを再建し、金融工学を駆使した回復から預金者が利益を得られるようにする。
  • 提案2:ビットコインで最も影響力のあるクジラのプールとコミュニティでの共同投資。2016年のBitfinexの再建プランを想定。
  • 提案3:新しい事業体とチームが再構築され、預金者を復旧させる運用プラン。

BnkToTheFutureのSimon Dixon最高経営責任者(CEO)は、提案1と3は「リスクが伴い、資金の完全な回収は保証できない」と注記している。

関連:仮想通貨取引所FTX、セルシウスの救済は見送りか=The Block

Bitfinexの再建プランとは

提案2で引用されたBitfinexの再建プランとは、2016年8月の約12万ビットコイン(当時80億円)のハッキング後にBnkToTheFutureがBitfinexに提供したものだ。

当時、Bitfinexは1BFK当たり1ドルでの償還を約束する債権トークン「BFX」を顧客に配布するという革新的な再建プランを敢行。BitFinexはさらにBFKを取引可能にすることで投機市場を創出し、手数料収益を稼いだ。

その後、BnkToTheFutureのプラットフォーム上で、ユーザーのBFXトークンをBitfinexの株式に変換できるようになると、セキュリティ侵害から8か月以内に、すべてのBFXトークン所有者がトークンを1ドルに償還するか、株式と交換され、ユーザーへの負債の返済が完了した。

Dixon氏は、こうした回収計画がCelsiusでどのように適応されるか具体的には明記していない。

関連:融資大手ジェネシスに数百億円の損失か、仮想通貨業者の債務問題で

Celsiusの近況

仮想通貨融資企業Celsius Networkは、高利回りを謡って集めた顧客資産を使ってDeFi(分散型金融)を中心にリスキーな運用戦略を取ってきたとされる。ブロックチェーン分析では、相場急落の影響で資金を回収できなくなった可能性が指摘されている。

先月13日にCelsiusは「極端な市況」を理由に顧客資金の引き出し、仮想通貨のスワップ(交換)や口座間の送付を停止。現在もサービスは再開されていない。

日本時間7月1日には、「流動性や運営の安定に注力しており、情報を共有できるように努めている」と改めて発表。「戦略的取引の追求や負債の再編など、資産を守り、利用できる選択肢を今も探っている」とした。

30日には、仮想通貨取引所FTXが経済的支援や買収に向けて話し合いを進めてきたが、巨額資金が行方不明になっていることが判明して、協議を中断したと伝えられた。

関連:ビットコイン再び2万ドル水準割り込む、複数の悪材料が重石に

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します