SOLウォレットSolflare、FTXに接続可能に

入出金などがスムーズに可能に

暗号資産(仮想通貨)ソラナ(SOL)向けのデジタルウォレットSolflareは8日、仮想通貨取引所大手FTXと、その米国部門FTX.USとの提携を発表し、同ウォレットがFTXの口座に対応するようになったことを明かした。

Solflareは、スマートフォンやウェブからソラナ基盤の仮想通貨の購入や送金などを可能とするウォレット。Ledgerなどのハードウェアウォレットを使用したり、ソラナ関連のdApp(分散型アプリ)に接続する機能も有している。

今回のFTXとの統合によって、Solflareユーザーは、FTXへの入出金を同ウォレットから直接行えるようになる。接続の際には、FTX側のKYC(本人確認)によって、ウォレットとの接続が「検証」される仕組みだ。

関連:FTXサムCEO、「最悪の事態は過ぎ去った」

dAppsとは

オープンソースのブロックチェーンを利用して開発されるアプリのこと。中央集権的な管理者がいないことが大きな特徴。最も普及しているのがイーサリアムのブロックチェーンで、ゲームや分散型取引所(DEX)などのアプリが開発されている。

▶️仮想通貨用語集

FTX NFTの移動も

SolflareからFTXへの入金は、同ウォレットがユーザーの入金アドレスを取得し、FTXが対応するトークンを送金する形で行われる。また、FTXが対応するNFT(非代替性トークン)を移動させることも可能となる。

また、FTX Convert機能も実装され、FTX側のトークンを簡単にコンバート(交換)することができるようになった。

なお先日には、Ledgerのウォレットアプリ「Ledger Live」が、取引所FTXを直接利用できるようになったことを発表。こちらの提携では、Ledger Liveから直接FTXが提供する120以上の銘柄のマーケットにアクセスすることが可能となった。

関連:FTX、ウォレットアプリLedger Live上で取引可能に

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します