バイナンス、Axie Infinityへの出資を縮小へ

「資金繰りはすでに安定」

仮想通貨取引所最大手のバイナンスはNFTゲームAxie Infinityの開発企業Sky Mavisへの投資規模を縮小する。The Blockが報じた。

バイナンスは今年の4月に、Axie Infinityのサイドチェーン「Ronin」へのハッキングを受けて行われる予定の資金調達ラウンドでリード投資家になるコミットメントを発表した背景がある。

関連Sky Mavisが180億円超を資金調達 バイナンスが主導 ユーザーを補償へ

しかし今回、バイナンスはラウンドには参加するが、リード投資家ではなくなった理由について、「4月以降、Sky Mavis資金の安定化と流出資金の回収の両方を実現することができた。よって、バイナンスから多額の投資を受けることなく、ユーザーに資金を返還できる状態になった」と説明。なお、出資額は明かしていない。

3月にAxie用のサイドチェーン「Ronin Network」とイーサリアムをつなぐRoninブリッジはバリデータの秘密鍵を悪用されて、17万3,600ETH(当時720億円)と2,550万USDC(31億円)を北朝鮮のハッキンググループ「Lazarus」によって盗まれていた。一方、6月28日にRoninブリッジの再開に際して、影響された全てのユーザーを補償し終えたことが報告された。

関連「Axie Infinity」の仮想土地、2.7億円で取引

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します