NFTゲーム「アクシーインフィニティ」開発企業、180億円超を資金調達 バイナンスが主導

NFTゲームのユーザーを補償

NFT(非代替性トークン)ゲーム「Axie Infinity(アクシーインフィニティ)」を開発するSky Mavisは6日、1.5億ドル(約185億円)の資金を調達したことを発表した。

今回調達した資金は、Sky Mavisやアクシーインフィニティのバランスシートの資金と合わせ、先月の不正流出で被害に遭ったユーザーへの補償に利用する。この185億円の調達は大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスがリードし、Animoca Brands、アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)、Dialectic、Paradigm、Accelも出資した。

アクシーインフィニティとは

NFTのキャラクターを育成したり戦わせたりするゲーム。プレイヤーがゲームで仮想通貨を獲得し、それを現地の法定通貨に変換できる「Play-to-earn」という仕組みが備わっている。

▶️仮想通貨用語集

関連ブロックチェーンゲームで遊ぶメリットと自律分散型の将来性|廃猫

アクシーインフィニティは先月29日、サイドチェーン「Ronin」のブリッジから計700億円超相当のイーサリアム(ETH)とUSDCが不正流出したことを発表。その際、被害を受けたユーザーに全額補償すると説明していた。その後、この不正流出を受け、アクシーインフィニティのアップグレード版「Origin」のリリースを、当初の予定から一週間延期することも発表している。

関連不正流出受けた「アクシーインフィニティ」、アップグレード版の発表を1週間延期

バイナンスのChangpeng Zhao最高経営責任者(通称CZ)は、今回の発表で以下のようにコメントした。

 

グローバルにエコシステムが発展して成熟していくためには、特にセキュリティ対策で我々が協力していくことが必要不可欠である。

 

バイナンスのローンチパットでアクシーインフィニティのトークンセールを実施してから、我々はSky Mavisの取り組みや成長を見てきた。これからもSky Mavisは業界を発展させるために、多くの価値や成長をもたらしてくれると強く信じている。

ブリッジの復旧

被害を受けたブリッジは現在もまだ利用できない。セキュリティのアップグレードを行い、監査を受けた後に稼働を再開するとしており、それには数週間かかる可能性もあると説明。不正流出の再発を防ぐため、今もSky Mavisは厳格なセキュリティ対策を講じている途中だとした。

今回の不正流出はバリデータの秘密鍵が盗まれたことで発生。当時、入出金には9つのバリデータのうち5つの署名が必要だったが、攻撃者は5つの秘密鍵を入手していた。Sky Mavisは、不正流出の根本的な原因はバリデータの数が少なかったことにあると説明。そして、今後3カ月の間に必要な署名の数を5から21に増やすとしている。バリデータはパートナー企業やコミュニティメンバー、長期的な協力者など様々なステークホルダーで分担するという。

Sky MavisのTrung Nguyen CEOは、不正流出の対策を行いながらも未来に向かい、7日にOriginをリリースし、バイナンスとNFTで協業するプロジェクトも楽しみにしていると述べた。

関連「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します