セルシウス、再建に関する公聴会は来週開催へ

セルシウスの第一回公聴会

13日に米連邦破産法11条の適用を申請した暗号資産(仮想通貨)融資企業Celsius Network(セルシウスネットワーク)の公聴会は、7月19日午前3時(日本時間)に行われる予定だ。

公聴会は、再建計画を模索していく最初のステップに当たり、その目的は裁判所向けの事情説明。債権者である同社の顧客に対して、債務返済方法に関する具体的な情報は無いとセルシウスは伝えた。

皆様が具体的な詳細を待っていることは承知していますが、それらは(今後の)裁判の過程で明らかになります。まずは、公聴会後に最新情報をお伝えします。

セルシウスは、高利回りな預金金利を謡い、投資家に仮想通貨を預けさせる一方で、集めた資産をDeFi(分散型金融)や仮想通貨マーケットメーカー会社に貸し出して金利を稼いできた。

しかし、相場急落とヘッジファンドThree Arrows Capitalの債務不履行等の影響で一部資金が回収不能に陥ったと見られ、7月13日に米連邦破産法11条の適用を申請。申請書からは、約1,650億円(11億9,000万ドル)の債務超過が浮き彫りになっていた。

提出書類によると、100ドル以上の口座残高を持つアクティブユーザーは約30万人に上り、そのほとんどが債権者となる。また、上位無担保債権者には仮想通貨ファンドのPharos USDやInvictus Capital、トレーディング企業Alameda Research、B2C2が含まれた。

関連:破産申請したセルシウス、1,600億円の赤字が判明

事業再編を図る

14日に公開されたブログで、セルシウスは米連邦破産法11条の適用申請について、「企業が事業を継続しながら、財務上の債務を再構築するための手続き」と説明。これまでデルタ航空やゼネラルモーターズが成功したとして、自社事業の立て直しと債務の返済に向けて意欲を示している。

セルシウスは、事業を安定させ、すべてのステークホルダーの価値を最大化するために、財務リストラクチャリングを開始しました。顧客全体を含む、ステークホルダーの利益のために行動することが当社の最優先事項です。また、より強い企業として生まれ変わることが私たちの目標です。

22年5月当時、同社の運用資産は120億ドル近くに上り、そのうち80億ドル強を外部へ融資していると公表していた。最大年利17%を謡う有利子口座は、170万人の顧客を有していた。

しかし、6月初めにセルシウスは「極端な市況」を理由に顧客資金の引き出し、仮想通貨のスワップ(交換)や口座間の送付を停止している。

セルシウスによると、顧客資産の引き出しは今も停止されており、再開に関しては「現段階で検討されていない」という。また、期間中の利息の支払いについてもストップしている。

一方、14日に提出された申請では、破産手続き中でも資産運用の業務を止めることなく収益を上げることができると記されている。

関連:仮想通貨融資企業セルシウス、破産申請を正式発表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します