米コインベース、イタリアで事業登録完了

イタリア登録完了

大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは18日、イタリアの規制機関Organismo Agenti e Mediatori(OAM)に暗号資産サービスプロバイダー(CASP)としてライセンス登録したことを発表した。

この登録は、先日発表されたヨーロッパでの展開を強化する方針の一環であり、これからも欧州国のローカル規制に準拠して登録していくという。

コインベースはすでに欧州40ヶ国でサービスを提供しているが、米国とは異なり、ほとんどはコインベースの完全なサービスを提供できないため、現在はそれぞれの国や地域で規制登録を行なっているところだ。

関連米コインベース、欧州進出の強化方針を明かす

コインベースのライバルであるバイナンスは5月に上記のOAMに登録を完了していた。

関連バイナンス、イタリアで仮想通貨事業ライセンスを取得

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します