米コインベース、仮想通貨3銘柄の上場予定を表明

3銘柄を上場予定銘柄に追加

大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは15日、新規3銘柄を上場する方針を発表した。

上場する予定を意味する「Roadmap(ロードマップ)」に追加されたのは以下の3銘柄。

  • メタル(MTL)
  • ノーシス(GNO)
  • レイディウム(RAY)

メタル(Metal)は仮想通貨を利用した決済に特化したイーサリアム(ETH)ブロックチェーン上で稼働するプロジェクト。独自トークンのMTLはERC-20規格で、プラットフォーム上の決済や、支払いを行った際の報酬などとして活用される。

ノーシス(Gnosis)はイーサリアムエコシステム向けの分散型インフラ。オークションやカストディ流動性マイニング、予測市場など多数のプロダクトを提供している。独自通貨のGNOはガバナンストークンおよびユーティリティトークンだ。

レイディウム(Raydium)は高速L1ブロックチェーンのソラナ(SOL)を基盤としたDEX(分散型取引所)およびAMM(自動マーケットメイカー)。仮想通貨RAYは同プラットフォームのネイティブユーティリティトークンとなっている。

コインベースの上場プロセス

コインベースは今春、仮想通貨の上場プロセスに透明性をもたらすため、4月より上場プロセスのオープン化を開始。以前より情報の開示性を強化していた。

これまでにも、Boba Network(BOBA)をリストに追加後、取扱いを開始した節がある。

関連:初コインベース、ボバネットワーク(BOBA)など新規2銘柄上場へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します