韓国、仮想通貨課税の施行を2025年に延期

再三の延期

韓国政府は21日に、2022年度の税改革計画を発表。暗号資産(仮想通貨)20%課税の施行を2025年に延期することが決定した。

仮想通貨課税は本来2022年から開始予定だったが、以前に2023年までに延期することが決定し、今年の3月にはさらに2024年に繰り延べる案を尹錫悦次期大統領(5月に就任)が検討していることが報道された。

関連韓国次期大統領、仮想通貨への課税開始の延期を検討=報道

また、課税の内容については本来定められた年間250万ウォン(約25万円)を超える仮想通貨収益に20%の率で税金を課すことに変更はない。

延期の理由については3月の案では、仮想通貨を規制する明確な基準がまだ存在していない背景があり、課税を始める前により広い規制基準を設定する必要があると、与野党が認識を共有していたという。

なお、韓国当局は現在LUNA関連のTerraform Labsを調査しているところだ。

関連韓国捜査当局、テラの開発者や元従業員の出国を禁止か=報道

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します