飛び交う仮想通貨価格予想:”可能性か見込みか”が1つの判断材料となる

様々な仮想通貨価格予想
仮想通貨市場において、アナリストや、専門家も含め、多くの人々が価格予想を行い、様々な情報が飛び交っています。しかし、そんな中で、ZyCryptoは、仮想通貨価格予想を見る際には、“可能性”と”見込み”の違いを知ることが重要であると記述しています。

2つの可能性

アナリストや、専門家といった類の人々は、今後数週間に起き得る価格変動を予測し、人々に発信することを求められます。

それは、仮想通貨業界でも例外ではありません。

しかし、彼らの意図するメッセージは、翻訳やメディアを介する中で失われてしまうことも十分にありえますし、もし予想が外れてしまえば、投資家からの反感を買い、信用も落としてしまうことになるのです。

しかし、情報の受け手側も、この専門家やアナリストのメッセージには”可能性”と”見込み”という2つの種類があることを理解するべきなのです。

この2つの種類は、非常に似通っているように感じますが、”可能性”というのは、あらゆる可能性のことを指します

つまり、ビットコインは、200万円になり、5,000万円になるというのも可能性としては十分にあり得るのです。

しかし、”見込み”というのは、今後数カ月でビットコイン価格が100万円に達し、逆に30万円にまで下がることはないというような決定的なデータに基づいて予測されることを指します

仮想通貨専門家を理解するために

既述の通り”可能性”で言えば、ビットコインはあらゆる可能性を持ち合わせていると言えるでしょう。

2017年のような急激な上昇、または、それ以上の上昇を遂げ、5,000万円の価格に達するかもしれませんし、逆に、30万円、または、それ以下の水準まで大幅に下落することも考えられるのです。

このような予測はあくまでも経験則に頼っている部分が大きく、専門家の信頼性に左右される予測となります。

しかし、その予測は、関連する情報や、事実的要素に裏付けられていない場合が多いため、結果的に間違いとなることが多いと言えるでしょう。

一方で、専門家が”見込み”による予測を行ったとすると、また違った話になってきます。

その予測は、関連する情報や、市場トレンド、過去のデータなどに裏付けられ、論理的に導き出されているものであるため、当たる場合が多くなってくるのです。

例えば、過去のデータをもとに考えると、ある仮想通貨が大手仮想通貨取引所に上場すれば、その仮想通貨の価格は上昇する傾向にあるのです。

最近では、仮想通貨Basic Attention Token(BAT)や、ゼロエックス(0x)が大手仮想通貨取引所Coinbaseに上場し、それぞれ25%、15%の価格上昇を記録しました。

米最大手取引所CoinbaseがADAなど5通貨を追加検討|直後に通貨価格上昇
Coinbaseは新たにADA、BAT、XLM、ZEC、ZRXを新たに追加する方針を発表しました。市場の規制が厳しくなる中で、Coinbaseが新たに通貨を上場させるべく、金融機関との調整を進める方針を示したことを、市場はポジティブに受け止めています。

このように、専門家は、自身の予想が”可能性”であるか、”見込み”であるかを、明確に区別し発信すべきなのです。

もし、専門家が区別が不明確な予測を立てていた場合、投資家自身がその専門家の発言に注意深く耳を傾け、客観的な視点で、その予測が”可能性”であるのか、”見込み”であるのかを判断する必要があると言えるでしょう。

そして、あなたが仮想通貨市場をより深く理解しようと努め、理解の深い専門家の意見を適切に取り入れることで、さらなるパフォーマンスの向上に繋がるのではないでしょうか。

この記事執筆時点で、ビットコイン価格は、6,367ドル(約71万円)となっています。

仮想通貨市場は、2018年に入ってから下落の一途をたどっており、2017年の上昇とは打って変わって大幅な下落となっています。

この現状を打破するために、仮想通貨市場には、ポジティブなニュースが必要であると言えます。

Is It Possible Or Is It Likely That Bitcoin Will Hit $20K, $50K Or Even $300K ?

July 16, 2018

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加