CoinPostで今最も読まれています

米コインベース、SECに仮想通貨規制策定の嘆願書を提出

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

新たな規則が必要

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは22日、証券取引委員会(SEC)に対し、現行の証券取引法は仮想通貨の管理には適していないとして、「実行可能な規制の枠組みの開発」を求める嘆願書を提出した。

嘆願書を執筆したコインベースのFaryar Shirzad最高政策責任者は、証券として分類される仮想通貨は「安全で効率的な実務の指針となる新たな規則書を必要としている」と主張。さらに「証券ではない仮想通貨は、このような規則の枠外にあるという確実性を必要としている」と付け加えた。

Shirzad氏は、1930年代に制定された証券取引法および同法に基づいた最高裁判例は、「分散型で、暗号技術を基盤とした自動化された金融商品」が世界中で取引される市場を想定したものではないと指摘。不適合な法律の適用を試みた場合、以下のような問題が生まれると主張した。

  • 証券に該当する仮想通貨のための規則がない
  • リアルタイムの取引は不可能(仲介業者と取引プロセス)
  • ブローカーなしに個人が直接取引することは事実上不可能
  • ブロックチェーンを信頼性のある取引記録として活用できない

しかし、SECは仮想通貨証券に関する新たな規則づくりには消極的である一方で、法の執行を優先するアプローチを取ってきたと指摘。このようなSECの姿勢は仮想通貨証券市場の発展を阻害し、投資家による資金調達やベンチャー企業投資のための仮想通貨利用を妨げていると批判した。

中でも「最悪の事態」は、連邦政府内でもXRPが証券に該当するか意見が分かれていたにもかかわらず、SECがリップル社に対する訴訟に踏み切り、「投資家に甚大なリスクをもたらしたことだ」と非難した。

ルールの欠如は大きな機会損失

Shirzad氏は米Fortune誌への寄稿で、暗号技術が投資家保護に関して、多くの問題を解決できるのにも関わらず、既存のSEC規則では、取引をより安価に、簡単にかつ確実にするといった「仮想通貨の利点を不可能にするような要件」が課せられており、大きな機会損失に繋がっていると批判した。

同氏はまた、SECが仮想通貨規制の策定を拒否している間に、欧州連合、英国、シンガポール、日本やオーストラリア、ブラジルなど、米国外の主要国では「新しい実行可能な仮想通貨規制」を着々と進めており、このままでは米国が大きく遅れをとることになる可能性があると、懸念を表明した。

従業員のインサイダー取引

奇しくも最高政策責任者による嘆願書提出と同日、コインベースのPaul Grewal最高法務責任者は、同社の元従業員によるインサイダー取引に使用した仮想通貨の一部が有価証券に当たるいうSECの主張に強く反論した。

関連:米コインベースの元従業員ら3名、仮想通貨のインサイダー取引で逮捕

同氏によると、SECはインサイダー取引とは別途、証券詐欺罪でも被告を起訴したが、司法省は検討の結果、証券詐欺罪では告訴を行わない方針だという。

SECは9つの銘柄を有価証券であると主張しているが、そのうちの7銘柄はコインベースに上場している。Grewal氏は仮想通貨が有価証券に当たるかどうか、厳格な分析および検証を行なっており、当該銘柄は有価証券に当たらないと主張した。

同氏は、SECが「規制当局の最も基本的な役割」である明確な規制づくりを怠っているとして、次のように批判した。

SECによる告訴で、米国にはデジタル資産証券に関する明確かつ実行可能な規制の枠組みがない、という重要な問題を浮き彫りにした。SECは、包括的で透明性のある方法で規則を策定する代わりに、この種の単発の強制措置により、証券ではない資産も含むすべてのデジタル資産をその管轄に入れようとしている。

インサイダーとは

インサイダーとは、会社の内部者しか知り得ない重要な情報を知る者が、知り得た情報に基づいて、その情報が公表される前にその会社の株式を売買すること。

▶️仮想通貨用語集

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/29 火曜日
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧