米コインベースの元従業員ら3名、仮想通貨のインサイダー取引で逮捕

仮想通貨のインサイダー取引

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースの元従業員と、その兄弟と友人の3名は、仮想通貨のインサイダー取引で逮捕されたことが分かった。

21日の米司法省の発表によると、コインベースのプロダクトマネージャーだったIshan Wahi氏らは、社内の機密情報によってコインベースに上場する銘柄を事前に知り、上場発表後に価格が上昇することを見込んで取引を行って利益を得ていた。兄弟と友人も合わせた3名で、合計約2億円(150万ドル)の利益を得たという。司法省は、今回の逮捕を「仮想通貨で初のインサイダー取引」だと発表している。

コインベースは、米国で最大規模の仮想通貨取引所。コインベースに上場するだけで価格が上昇する仮想通貨が多いことから、「コインベース効果」という言葉が生まれるほど大きな影響力を持っている。これまで、コインベースが上場予定の銘柄を発表しただけで市場が反応することもあった。

関連仮想通貨取引所コインベースとは|投資家向け情報と注目ポイント

Wahi氏はコインベースのプロダクトマネージャーとして仮想通貨の上場に深く関わっており、どの銘柄を上場させるか、また上場発表をいつ行うのかといった、一部の従業員しか知ることができない機密情報を事前に知ることができる立場にあった。今回のインサイダー取引は、2021年6月から2022年4月ごろの期間に行われており、少なくとも14回の上場発表に合わせて、最低25銘柄でインサイダー取引が行われていたという。

今回のインサイダー取引を巡っては今年4月、著名なツイッターアカウントを持つCobie氏が、「コインベースの上場発表前24時間の間に、発表に掲載されているトークンを大量に購入しているイーサリアム(ETH)アカウントがある」とツイート。その後コインベースが調査を行なっていた。

5月11日には、コインベースのセキュリティ部門のディレクターがWahi氏に対し、上場プロセスについて話を聞かせるように要請。Wahi氏はインドに逃亡しようとしたようだが、16日の搭乗前に法執行機関によって身柄を確保された。Wahi氏の兄弟と友人は、報酬をもらうことでインサイダー取引に加担したとされている。

9銘柄を有価証券と言及

今回のインサイダー取引を巡っては、米証券取引委員会(SEC)も訴状を公開。その中で、以下の9銘柄を「有価証券」と指摘したことが注目を集めている。

  • AMP
  • RLY
  • DDX
  • XYO
  • RGT
  • LCX
  • POWR
  • DFX
  • KROM

SECとは

「Securities and Exchange Commission」の略で、株や債券などの証券の取引を監督する米国の政府機関のこと。公正な取引の確保と投資家保護を目的としており、インサイダー取引や企業の不正会計、相場操縦などを防止する役割を担う。

▶️仮想通貨用語集

SECの訴状を受け、コインベースのポリシー部門の責任者は、22日付で声明を発表。同社はSECに対し、デジタルの有価証券に関するルール作りを開始するように書面で要請したと説明した。

関連米コインベース、銘柄新規上場の改善策を講じる

コインベースは、既存のルールだけではデジタル資産の規制には不十分であると指摘。そして、独断的な取り締まりをしたり、閉じられた組織の中だけでガイダンスを実行したりするのではなく、正式な規制を作って公開するように求めている。

関連米SECが提訴したリップル社裁判の進展と今後のスケジュールまとめ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します