エイダ「Vasil」アップグレード、再び延期

数週間延期

仮想通貨エイダ(ADA)の次期大型ハードフォーク「Vasil(バシル)」の実装スケジュールは再び延期される。

カルダノ・ブロックチェーンのVasil実装は当初6月29日の実装予定だったが、バグが確認されたため延期。今回は「避けられない問題に対するテストが行われ、問題は開発チームによって修正されていた」として、数週間ほどの延期となるとのことが発表された。

「Vasil」ではネットワーク処理性能の大幅な更新、dApps開発者向けのPlutusスマートコントラクト言語の改善、そしてノード間でのブロック伝送効率の向上などが見込まれている。

関連カルダノ開発IOHK、Vasilアップグレードのスケジュールを更新

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します