米国版バイナンス、AMP上場廃止へ SECの有価証券指摘を受け

SECの指摘に遵守か

米国の仮想通貨取引所Binance.USは銘柄の上場廃止を実施する予定を発表した。

上場廃止の対象はAMPで、入金は米時間8月15日21時から停止し、AMP/USD通貨ペアは同日の23時より廃止する。

Binance.USはAMPの取引廃止について、米証券取引委員会(SEC)が先月末にインサイダー取引の疑いでコインベースの元従業員を提訴する際に「有価証券」と指摘した9銘柄のうちの1つだと説明している。

コインベースはAMPを含む上述の9銘柄のうちの7銘柄を取り扱っているが、現時点では上場廃止といった措置をとっていない。また、SECの有価証券指摘を受け、コインベースはそれに対し、現行の証券取引法が仮想通貨の規制に適していないと指摘し、「実行可能な規制の枠組みの開発」を求める嘆願書を提出した。

関連米コインベース、SECに仮想通貨規制策定の嘆願書を提出

一方、SECは現在コインベースの未登録証券提供について捜査していることが先日ブルームバーグに報じられたことから、Binance.USはSECに目をつけられないよう自主的にAMPの取り扱いを廃止することにしたと考えられる。

関連米SEC、コインベースの未登録証券提供を捜査か=報道

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します