Web3開発インフラ大手Alchemy、Astar Networkをサポート

AlchemyがAstarと提携

Web3(分散型ウェブ)開発者向けに構築ソリューションを提供するAlchemyは2日、日本発パブリックブロックチェーン「Astar Network(ASTR)」とのパートナーシップを発表した。

Alchemyは世界197カ国、数百万人のユーザーを支えるブロックチェーン開発プラットフォームのリーディングカンパニー。2月のシリーズC1ラウンドでは企業評価額1.3兆円(102億ドル)で約240億円(2億ドル)を調達、アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)やパンテラキャピタルといった大手VCが出資している。

リリースによると、両者は共に「building for builders(構築者のための構築)」に注力している点でミッションが一致する。

Astar Network(ASTAR)は、渡辺創太氏が主導するStake Technologies社が開発するレイヤー1のパブリックブロックチェーン。「dAppStaking」という開発者向けの報酬設計を特徴とし、ASTARトークンのステーキング参加者がdAppを指定して開発者に報酬を配分する。

Alchemyは、「Web3U」や「The Road to Web3」といった教育分野への投資や、Alchemy Venturesによる新興企業支援に積極的。6月には、開発者のWeb3起業を支援する33億円(2,500万ドル)規模の助成金プログラム「WAGBI Grants」を立ち上げた。

Astar Network創設者の渡辺創太氏はAlchemyとの提携について以下の様に述べている。

開発者のエコシステムをサポートすることは、Astarの原動力です。Alchemyとの提携しにより、彼らのブロックチェーンエンジンをAstarの開発者に利用可能にすることで、ビルダーコミュニティにさらなるイノベーションと成長をもたらすことができます。

関連:Astar Network(ASTR)上の複数dApps、DeFiの改善や成長を目的とした組織を設立

Astarの開発コミュニティ拡大へ

提携により、Alhemyはまず開発者がAstar NetworkでdApps(分散型アプリ)を作成しやすくするためのAPI等を作成するという。Astar Networkは、異なるブロックチェーンの相互運用を実現するポルカドット(DOT)に接続するスロット(枠)を確保しており、ポルカドットとEVM、そして将来イーサリアム(ETH)で実装される「WASM(WebAssemblyの略)」の橋渡しとなることを目指している。

Alhemyは既にイーサリアムとそのL2(第2層)スケーリングソリューションであるPolygon(MATIC)、Arbitrum、Optimism(OP)などをサポートしている。これらのチェーンのdApps開発者はすぐにAstarを統合できるようになるだろう。またAlhemyはソラナ(SOL)のようなEVM(イーサリアム仮想マシン)と互換性のない独立系ブロックチェーンもサポートするため、非EVM圏のプロジェクトにもAstarの間口を拡げる。

Alchemuyが提供する主要なプロダクトは以下のとおり。

  • Alchemy Supernode:100%のデータ精度を保証するブロックチェーンノード。開発者のブロックチェーン接続の管理の負担を軽減する。
  • Alchemy SDK:わずか2行のコードでdAppをブロックチェーンに接続する。
  • その他開発ツール:イベントのサブスク登録、アプリの健全性モニター、パフォーマンスの最適化、トランザクションのリアルタイムモニター等。

関連:ETH基盤インフラ企業Alchemy、ソラナブロックチェーンに対応

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します