イーサリアム高値更新で一時1800ドル台回復、金融市場ではCPI発表前に買い手控えも

仮想通貨市況

8日の米株式市場では、ダウが前営業日比29ドル高と小幅続伸となった。

7月の米雇用統計が市場予想を大幅に上回ったことで景気悪化懸念は後退したが、米経済が堅調なことを受け、FRB(米連邦準備制度)による利上げ圧力が強まるとの見方もある。

10日発表のCPI(米消費者物価指数)を控える中、FOMC直前のような買い手控えに繋がりやすく、上値の重い展開が予想される。

次回CPI発表は、特段注目度が高い。

前代未聞の利上げペースを断行したFRBのインフレ抑制効果が試されており、株式をはじめ、暗号資産(仮想通貨)などリスク資産の買い戻し機運を高めるターニングポイントであるからだ。

直近ではウクライナ情勢などに起因する資源高も一服しつつあり、高騰してきた原油価格の下落などがインフレ指数低下の観点で追い風にあると見られるが、一方でCPIが市場想定を超えて高止まりするようであれば、市場が動揺するおそれもある。

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比2.05%高の23,820ドルと続伸した。

BTC/USD 日足

安値・高値ともに切り上げており、7月30日の24,666ドルを超えることが出来れば今年6月の暴落前水準である30,000ドルの節目も視野に入るか。主要アルトでは、前日比4.1%高のイーサリアム(ETH)が直近高値1792ドルを超え続伸。一時1800ドル台を回復した。

Glassnodeのデータによると、「ハッシュリボン・インジケータ」でマイナーの降伏シグナルがすでに2ヶ月間(61日)続いている。これは、ビットコインの歴史の中で、2012、2019年、2021年に次ぐ過去4番目に長い降伏期間だ。

Glassnode

ビットコインの「純未実現利益/損失(NUPL)」で見ると、ネットワークは降伏ゾーンの0ラインから抜け出すなど、底打ちシグナルを示唆している。

Glassnode

アルトコイン相場

9月19日にイーサリアム(ETH)の大型アップグレードThe Merge(ザ・マージ)でPoS移行を控える中、PoS移行を否定してPoW採掘を続けたい一部マイナーの意向で誕生する可能性の浮上する「ETH PoW」について、有識者から批判的な論調が聞かれるなど物議を醸している。

関連:「ETHPow」最新情報まとめ|イーサリアムのマージ後にチェーン分岐の可能性浮上

トロン創業者のジャスティン・サン氏はいち早く支援を表明し、アルゴリズム型ステーブルコインの「USDD(Decentralized USD)」対応を示唆するほか、同氏の携わる老舗の仮想通貨取引所Poloniexは、フライング気味にETHWの先物サービス提供を始めた。

大手デリバティブ取引所BitMEXも、ステーブルコインのテザー(USDT)建てでETH PoWの先物取引サービスを開始予定。価格推移に関心が集まっている。

Huobi Globalは9日、ETH PoWに関する声明を発表。「イーサリアムブロックチェーンのハードフォークを巡る議論の行方を注視している。」と言及した。

「コミュニティの混乱、及び分裂を引き起こす可能性のある、具体的な革新性や改善のないフォークを支持するものではない」と注釈を入れつつ、「リプレイプロテクションなどのセキュリティ要件を満たしていれば、コミュニティのコンセンサスを尊重する」として、今後の状況次第では新トークン付与に対応する可能性があるとの方針を示した。

その上でHuobi Globalは、「恣意的なフォークやプレマイニングなど、業界の発展に寄与しない無責任な行動は助長しない」ことを宣言した。

また、直近では「Lido Staked ETH(stETH)」の価値がETH建てで下落し、0.96ETHを付けた。

チェーン分岐を伴うハードフォークが実現した場合、現物ETHのスナップショットでないと「ETH PoW」を受け取れないことが背景にあるものと見られる。

stETHはLido Financeにイーサリアム(ETH)をステーキングすることで付与される債券トークンの一種であり、ETHロックアップ時の流動性不足改善のために生み出されたステーキングソリューションとしてDeFi(分散型金融)やレンディングサービスで用いられてきた。

The Mergeが成功した場合、2023年中に1stETH=1ETHの価値で償還可能となるが、1:1のディペッグ時に価格乖離が進むとstETHを担保にした場合の清算リスクが高まる懸念が生じる。

なお、資産運用会社CoinSharesの週次レポートによれば、機関投資家の資金フローでは、イーサリアムに1600万ドルの流入があり、7週連続で計1億5900万ドルの流入が観測された。

CoinShares

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します